生理不順の原因は?治し方は?

公開日:  最終更新日:2018/03/02


生理不順が続けば妊娠にも関わることですから不安になります
ね。病院に行くのも不安だしなかなか周囲にも相談できずに1
人で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

生理不順になる原因や治し方について詳しくご紹介しますので
参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



生理不順の原因は?

正常な生理周期というのは25日から38日で、この周期が長くな
ったり短くなったりすることを生理不順と呼んでいます。
この正常な生理周期から少しはずれることもあるでしょう。
ずれても7日以内であれば問題ないとされてますよ。

また、1回の生理が3日から7日続くのが正常な生理とされています。
正常な生理周期から7日以上もずれることや、3日から7日続く生
理が極端に短かったり長かったりする状態が3か月以上続けば生
理不順と考えられますね。

このような生理不順になる原因は、女性ホルモンが乱れるからです。
女性ホルモンを乱してしまうのはストレスなのですが、ストレス
になることはいろいろとありますね。例えば激しいダイエットです。

痩せたいという願望が強い女性も多くいますが、極端な食事制限
で生理不順になる人も多いですね。短期間に急激に体重を減らす
ような激しいダイエットをしていると、一時的に栄養失調の状態
になります。

そのため女性ホルモンの分泌が低下してしまい生理不順や無排卵
月経になったり、中には生理が止まってしまう人もいますからと
ても危険ですよ。激しいスポーツをするのも生理不順の原因にな
りますね。

激しいトレーニングをして体脂肪を極端に落とすようなことを続
けていると、身体は本能的に生殖機能をストップしてでも生命維
持をしようとします。卵巣の働きはストップしても生命に別状は
ありませんね。

身体を酷使するスポーツは女性の身体には負担が大きいのです。
激しいスポーツを続けていると生理不順や無月経が起こりやすく
なるので注意が必要ですよ。日々のストレスも積み重なれば大き
なものになり生理不順を引き起こしますよ。

育児や家事、仕事、引越しなどの環境の変化も加われば、排卵や
生理を促すための指令が乱れてしまいます。日々のストレスが蓄
積されれば視床下部がトラブルを起こしてしまい、生理不順をひ
き起こすことがあります。

また、卵巣の病気で生理不順が起こっていることもあります。
短いサイクルでめまぐるしく変化している卵巣は、さまざまなト
ラブルを起こしやすい臓器でもあるのです。何かしらの卵巣のト
ラブルで脳からの指令が受け取れなかったり、女性ホルモンの分
泌ができずに生理不順になっているケースもありますよ。


スポンサーリンク



生理不順の治し方は?

生理不順になるということは赤ちゃんを受け入れるための準備が
十分に整っていないということですから、早めの対処が必要です
ね。ほとんどの場合では生活習慣や食生活の改善で生理不順を改
善していくことができますが、何かしらの病気が関係しているこ
ともあります。

心配な場合は、病院で検査してもらうと良いでしょう。病院で検
査してもらう場合には、基礎体温を1か月計っておくと良いでし
ょう。基礎体温をグラフにしたものを持参すれば、検査もスムー
ズにできますよ。

日常生活の中で出来ることは、まず生理不順の原因となっている
ことを改善しくことが必要ですね。激しいダイエットやスポーツ
をしている人は控えるようにしましょう。

極端な食事制限、スポーツなどの身体の酷使によって生理不順に
なっている場合には、これを改善しなければ生理不順も改善でき
ないでしょう。日々のストレスが溜まっているようなら、ゆった
りとした生活を心がけるようにしましょう。

睡眠を十分に取って、栄養バランスの良い食事を心がけることも
大切ですね。最近の女性は外でバリバリと男性と同じくらい働く
人が増えていますが、女性の身体には負担が大きくなっているか
も知れませんね。

毎日ハードなスケジュールに追われているようなら、自分で余裕
のあるスケジュールに調整してみましょう。帰宅したら湯船にゆ
っくりつかったり、寝る前には好きな音楽やアロマでリラックス
した時間を持つことも大切ですね。

生活習慣や食生活を見直すだけでも身体もラクになってきて生理
不順も治ってくるでしょう。


漢方薬はあるの?

生理不順を治すためには漢方薬も有効ですよ。生理不順の主な原
因はホルモンバランスの乱れなので、漢方薬で体質を改善してホ
ルモンバランスを整えていくことができますよ。それと同意に、
ホルモンバランスの乱れからくるさまざまな症状を和らげる効果
も期待できます。

漢方薬は一人ひとりの症状や体質に応じたものが処方されるので、
生理不順の悩みも必ずしも誰もが同じ薬が処方されるわけではあ
りませんよ。

生理不順の改善で処方されることが多い漢方薬は、当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)や加味逍遥散(かみしょうようさん)
などです。

これらの漢方薬はドラッグストアでも販売されていますが、出来
れば漢方薬局などで専門家に相談してから処方してもらうのがお
すすめですよ。生理不順はダイエットやスポーツ、日々のストレ
スなどで無理をしていると起こりやすくなりますよ。


まとめ

無理をしないでという身体からのサインですから、まずは生活習
慣や食生活を見直していきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑