日焼けの皮むけ防止は?肌がまだらにならない方法は?

公開日:  最終更新日:2018/02/26


夏には海や山にお出かけする方も多いと思いますが、紫外線対策
をきちんと行っておかないと、赤く日焼けしたり皮がむけてしま
います。

ヒリヒリといつまでも痛みが続くのはとても苦痛なものですし、
皮むけした肌がまだらになってしまうこともあります。ここでは
どうして日焼けすると皮がむけてしまうのかその理由と、皮むけ
防止のための方法をご紹介します。

日焼けして皮がむけても正しいケアを行うことで肌がまだらにな
ることもありません。その方法もご紹介しますのでぜひ参考にし
てください。


スポンサーリンク



日焼けで皮むけする理由は?

日焼けした小麦色の肌は健康的で憧れている人も多いかと思いま
すが、皮むけして肌がボロボロになってしまう恐れもあります。
夏の強い日差しに当たると肌は真っ赤に日焼けをします。
これは火傷と同じ状態で、ヒリヒリとした痛みも伴いますね。
それで終わることもありますが、大抵はそのあと皮がむけてきます。
火傷をしたときもしばらくすると皮がむけてきますが、日焼けの
後に皮がむけるのも同じことです。

太陽の強い日差しを浴びることで、皮膚の一番表面にある表皮と
言われる部分には大きなダメージが加わっています。熱により乾
燥し皮膚細胞が破壊されてしまうので、皮がむけてしまうのです。

人間の体には、何かしらのダメージが加わった時に、少しでも早
く健康な状態に戻そうとする働きが備わっています。日焼けによ
り破壊された皮膚細胞をいち早く取り除くため、そして新しい皮
膚細胞を作るために皮がむけています。

古い細胞が剥がれ落ち、新しい皮膚細胞が生まれることをターン
オーバーと言います。これは常に行われていることで、日焼けを
しない通常の場合には、古い細胞は垢となって排出されています。

しかし日焼けした後は、破壊された細胞がボロボロと急激に剥が
れていくので、新しい皮膚細胞もたくさん作られています。そう
しないとダメージを補うことができません。

しかし、通常よりも速度の早いターンオーバーであるために、未
完成の細胞が表面に押し上げられている状態になっています。日
焼けで皮がむけた肌というのは、未熟な皮膚細胞と破壊された皮
膚細胞とが皮膚の表面に現れているというとてもデリケートな状
態です。


日焼けの皮むけ防止は?

日焼けの皮むけを防止するためには、日焼け後には出来るだけ早
く流水で肌を冷やすことが大切です。日焼けをして真っ赤になっ
た肌は軽い火傷と同じ状態ですから、冷やすことが何よりも大切
です。

流水で肌をクールダウンしても、皮がむけることもあるでしょう。
皮むけ防止の一番の方法は、過度に日焼けをしないことです。
サンサンと太陽の日差しが降り注いでいる夏には、日焼けを全く
しないというのも難しいものです。

ですが、皮むけするほどの日焼けは、かなり酷い日焼けです。
そうならないためには、事前のUV対策が欠かせません。夏の海や
山などにお出かけする際には、ラッシュガードを着て肌の露出を
出来るだけ少なくしましょう。

日焼け止めクリームをしっかりと塗り、つばの広い帽子をかぶっ
たり日傘をさして強い日差しを肌が直に受けないようにしましょ
う。


スポンサーリンク



日焼けして肌がまだらにならない方法は?

日焼けして皮がむけると気になるので、ついついむいてしまいた
くなりますね。しかし、自然にむけるのを待たずに無理やりはが
そうとすれば、肌がまだらになってしまう可能性が高いです。

未熟な皮膚細胞と破壊された皮膚細胞とが肌表面に出た敏感にな
っている状態で、セラミドなどのうるおい成分も失われた状態です。
ですから外部からの刺激にとても弱くなっています。
水分が保てないので乾燥が進み、紫外線にもとても弱くなっています。

バリア機能が急激に低下しています。シミもできやすく肌トラブ
ルも起こりやすい状態ですから、皮むけした肌には何よりも保湿
をすることが大切です。

通常であれば市販の化粧水やクリームなどで保湿をされているか
と思いますが、それよりもワセリンがおすすめです。市販のスキ
ンケア化粧品には、さまざまな成分が入っていてそれが敏感にな
った肌には大きな刺激となる可能性もあります。

皮がむけた肌にワセリンを塗り、バリア機能をサポートしてあげ
ましょう。ワセリンを塗ってから、さらにラップで覆えばより効
果が高まるでしょう。皮膚細胞のターンオーバーの周期は約1か
月ですから、そのくらいの期間は出来るだけ紫外線からも肌を守
りワセリンでのケアを続けましょう。

そうすることで、皮むけしても肌がまだらになることもなく回復
も早まりきれいな肌を取り戻すことができます。日焼けして皮が
むけるのは、それだけ強い日差しに当たり皮膚細胞が破壊されて
しまったということです。

皮がむけた肌はとても敏感で、無理やり皮をむけばまだらになっ
てしまう可能性が高いですから要注意です。敏感になった肌をワ
セリンでサポートして、紫外線からも肌を守ることでまだらにな
ることもないでしょう。


まとめ

何よりも皮がむけないように、夏の強い日差しから肌を守るUV対
策をしっかりと行ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑