卵の効能と栄養?アンチエイジングフードなの?朝食べるのがいいの?

公開日:  最終更新日:2018/03/15

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る


コレステロールが気になるからと卵を控えている人もいるかも
知れませんが、卵にはそんな心配を吹き飛ばすほどの良質な栄
養素が含まれています。

卵は最高のアンチエイジングフードとも言われて注目されてい
るので食べないわけにはいきませんね。




卵の効能と栄養?

どの家庭にも卵は必ず常備されているのではないでしょうか。
卵焼きから目玉焼きをはじめ、汁物の具材やハンバーグのつな
ぎに、丼物やてんぷらの衣、お菓子作りまで幅広い料理に利用
できるのが卵ですね。

朝食からお弁当、夕飯のメイン料理まで毎日の食卓に欠かせな
い卵は安いことも魅力です。普段何気なく食べている卵ですが、
実はスーパーフード、完全食と言われるほどに良質な栄養素が
豊富に含まれています。

セレブが食べる値段の高いスーパーフードをわざわざ買わなく
ても、身近な卵に私たちの健康を支えてくれる栄養素がギュッ
と詰まっているのです。卵にはビタミンCと食物繊維以外の栄
養素が全て含まれています。

中でも特筆すべきは良質なたんぱく質です。たんぱく質の栄養
価を示す指標にアミノ酸スコアがありますが、卵はアミノ酸ス
コア100で良質です。たんぱく質は20種類のアミノ酸で構成さ
れています。

体内で作ることが出来る非必須アミノ酸と、体内で作ることが
出来ない必須アミノ酸に分けられています。必須アミノ酸は20
種類のアミノ酸のうち9種類あり、これらは食品から摂取しな
ければいけません。

食品中に必須アミノ酸がどれくらい入っているかでアミノ酸ス
コアが決まるのですが、9種類全て含む卵はアミノ酸スコア100
となるのです。たんぱく質は炭水化物と脂肪と並ぶ三大栄養素
で、身体に欠かせない栄養素です。

たんぱく質は私たちの身体を作る材料となりますよ。筋肉や骨、
皮膚や爪、髪の毛などは全てたんぱく質で作られているので、
たんぱく質が不足すればさまざまな支障が出てきます。

必須アミノ酸がバランス良く含まれた卵は、ツヤやハリのある
肌や髪を保つために役立ってくれます。筋肉を鍛えるため、筋
肉量をアップしてダイエットを目指す人にも卵は最適ですね。
免疫力を高めて丈夫な身体作りもサポートしてくれます。

たんぱく質以外にも各種ビタミン、ミネラルが豊富に含まれて
います。鉄分はほうれん草の2倍、カルシウムも牛乳よりもた
くさん含まれていますよ。卵に含まれているレシチンにはコリ
ンという中性脂肪を調整したり高血圧を予防したり脂肪の代謝
を正常にしてくれる成分も含まれています。

コリンは高血圧や脂質異常症などの生活習慣病の予防や改善に
役立ってくれる成分です。さらにコリンには神経伝達物質とし
ても働くので、脳の活性化にも役立ちますよ。

痴ほうやアルツハイマーの予防や学力や記憶力アップもサポー
トしてくれます。気になるコレステロールも、1日に2個以上食
べても問題ないと言われていますから健康のために卵を控える
というのはナンセンスなのですね。


卵は最高のアンチエイジングフードなの?

卵は最高のアンチエイジングフード!という本まで出版されて
注目を集めています。それは卵には抗酸化作用に優れたビタミ
ンAやビタミンE、ルテインやビオチン、オメガ3脂肪酸、必須
アミノ酸などのアンチエイジングに最適な成分が含まれている
からです。

ビタミンAやビタミンEの抗酸化作用は細胞の老化を防いでくれ
ます。ルテインは目に良い栄養素として有名で、緑黄色野菜に
多く含まれていますね。卵では卵黄にたくさん含まれており、
野菜に含まれるルテインよりも身体への吸収率が良いと言われ
ていますよ。

スマホやパソコンなどから出るブルーライトから目を守ってく
れる他、紫外線から肌を守ってくれる働きもあります。紫外線
はシミやしわなどの肌老化の要因ですが、ルテインが身体の中
から守ってくれます。

ビオチンは若々しい細胞を作り出すのに欠かせない成分です。
ビオチンには、コラーゲンや糖質、脂質、たんぱく質の代謝を
サポートする補酵素としての働きがありますよ。

オメガ3脂肪酸はレシチンと同様に脳の活性化に役立ってくれ
る他、心臓や血管系の病気やガンの予防にも期待されています。
いつまでも若々しい肌、健康な身体を保つのに必要な栄養素が
卵にはたくさん含まれているのですね。




卵は朝食べるのがいいの?

栄養の宝庫である卵は、朝食べるのがおすすめです。たんぱく
質が豊富な卵は腹持ちも良く、昼と夜に食べ過ぎてしまうのを
防ぐことが出来るからです。朝ご飯に卵料理を加えれば満足感
が持続するので間食も自然と減りますよ。

朝に卵を食べると代謝もグンとアップすると言われています。
卵を毎朝2個ずつ食べる人は食べない人と比べて格段に痩せや
すいので、ダイエットをする人は朝ご飯を抜いている場合では
ありません。

またレシチンに含まれるコリンやオメガ3脂肪酸の働きで仕事
や勉強の効率アップも期待出来ますね。朝食に卵は定番ですが、
卵に含まれる栄養面から見ても朝食べるのが一番良いタイミン
グなのです。

朝は食べない人も、健康やアンチエイジング、ダイエットのた
めに茹で卵や目玉焼きを毎朝の定番メニューにしてくださいね。
卵の効能、栄養の素晴らしさを知れば、コレステロールやカロ
リーが心配などとは言えなくなりますね。


まとめ

高価な化粧品やサプリメントよりも手軽で美味しく健康やアン
チエイジングに役立ってくれます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑