チョコレートの賞味期限切れ?冷蔵庫にいれて置けばいつまで食べれる?

公開日:  最終更新日:2018/03/12



甘いチョコレートを食べると幸せな気持ちになりますが、寒い
冬にはさらに美味しく感じますね。でも温かい部屋に置いてお
くとせっかくのチョコレートが溶けてしまうので冷蔵庫で保管
している人も多いでしょう。

冷蔵庫に入れておくと、ついつい忘れて賞味期限が切れてしま
っていたということも多いですが大丈夫なのでしょうか。


スポンサーリンク



チョコレートの賞味期限切れ?

疲れた時や寒い季節になると無償に食べたくなるのがチョコレ
ートですね。いつも家に常備しているという人も多いと思いま
すが、賞味期限をあまり意識していない人も多いでしょう。

いつか食べようと取っておいたチョコレートが、いつの間にか
賞味期限切れだったという残念な経験をしてしまったことがあ
る人もいらっしゃるでしょう。チョコレートには、卵や乳製品
なども使用されているので賞味期限が過ぎていると何となく不
安になってきますね。

中には賞味期限を過ぎてても味やニオイがしないなら食べても
大丈夫と気にせず食べる人もいるでしょう。チョコレートのパ
ッケージの横などには賞味期限が記載されていますが、これは
開封をしていない状態での美味しく食べられる期間のことです。

消費期限とは違って美味しく食べられる期限なので、もしもこ
れを過ぎてもすぐに腐ったり食べて何か身体に支障が出ること
はまずありません。チョコレートと一口に言ってもさまざまな
ものがあり入っている原材料や作り方も違います。

賞味期限の短いものだと6か月ほどで、長いものは1年以上の賞
味期限があるチョコレートもあります。とろけるような口どけ
が魅力の生チョコなどはこれよりも短くなります。スーパーや
コンビニで売られている定番の板チョコなどは、常温で保存す
ればおよそ1か月ほどの賞味期限となります。


冷蔵庫にいれて置けばいつまで食べれる?

気温の高い夏に部屋の中に買ってきたチョコレートをそのまま
置いておくと溶けてしまいます。ですから冷蔵庫に入れて保存
している人がほとんどでしょう。寒い冬でもチョコレートの保
管場所は冷蔵庫という人もいるでしょう。

冷蔵庫に入れておくと、賞味期限よりも長く持つと言われてい
ます。一般的な板チョコの賞味期限は1年ほどですが、冷蔵に
入れておけば2年ほどは持つと言われています。ただ2年も冷蔵
庫に入れっぱなしにしておけば、存在すら忘れてしまいそうで
すね。

ただチョコレートは賞味期限を過ぎても腐ってしまうことはほ
とんどありません。カカオマスやココアバター、ミルクや砂糖
などが原材料で、水分はほとんど含まれていないので賞味期限
を過ぎても腐ることはまずないです。

しかしチョコレートは美味しく食べたいので基本的にはパッケ
ージに記載されている賞味期限を目安にして、早めに食べるの
がおすすめです。チョコレートは嗜好品で美味しく食べること
に意味があるので、保存状態もベストにして美味しく食べたい
ですね。

冷蔵庫に保存した場合、どうしても食べた時に固くなってしま
うのが問題です。チョコレート特有の滑らかな舌触りを楽しむ
ことが出来ません。美味しく食べるための最適な温度は15℃か
ら22℃で、28℃以上になると溶けてしまいます。

チョコレートの保管には温度と湿度に注意しましょう。28℃以
上の室内でなければ常温の出来るだけ涼しい場所で保存するの
がおすすめです。


スポンサーリンク



チョコレートの効果?

美味しいお菓子として世界中で愛されているチョコレートです
が、実はチョコレートの原材料のカカオ豆はその昔、薬として
使用されていたのです。
それだけチョコレートは健康にも良い食べ物なのです。

チョコレートには、カカオポリフェノールをメインにカルシウ
ムやマグネシウムなどの各種ミネラルや食物繊維も含まれてい
ます。わずかですがフラボノイドなどの健康に良い成分も含ま
れています。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールには優れた
抗酸化作用があります。この抗酸化作用が、体内の活性酸素が
増えることで引き起こされるというガンの予防に期待されます。

実際にチョコレートをたくさん食べる国にはガン患者が少ない
と言われていますよ。同じく体内の活性酸素によって起こるア
レルギーや花粉症、リウマチの予防にも良いと言われています。

ほかに紫外線によるシミやしわなどの肌トラブルを予防したり、
脳のDHAの酸化を防ぐのにも良いことから認知症予防も期待さ
れています。またカカオポリフェノールにはエピカテキンと言
われる成分が含まれており、この成分には血圧を下げたり善玉
コレステロールを増やす働きがあることが分かっています。

高血圧やコレステロールの上昇によって起こる動脈効果の予防
にもカカオポリフェノールが役立ってくれます。ほかにもチョ
コレートには、カフェインも含まれているのでリラックス作用
や疲労回復、集中力を高める効果も期待できますね。

さまざまな効果が期待されるチョコレートですが、ミルクチョ
コレートにはあまり期待できません。健康のために食べるなら、
カカマアスやココアバターのカカオ成分が70%以上含まれてい
る高カカオチョコレートを選びましょう。


まとめ

チョコレートの賞味期限は長くこれを過ぎても食べられますが、
美味しく食べるには早めに食べるのが一番です。最近では高カ
カオチョコレートもたくさん発売されているのでおすすめです
よ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑