ヨーグルト効果?ダイエット?乳酸菌の効果はある?

公開日:  最終更新日:2018/03/12



お腹の健康に良いからとヨーグルトを毎朝食べるのを習慣にし
ている人も多いのではないでしょうか。ヨーグルトには整腸作
用をはじめさまざまな効果が期待でき、最近ではダイエット食
品としても注目を集めています。

ヨーグルトの効果的な食べ方や乳酸菌の作用、さらに注目され
ているヨーグルトダイエットについて詳しくご紹介します。


スポンサーリンク



ヨーグルト効果?

健康に良いと子供から大人まで人気のヨーグルトですが、これ
はヨーグルトに含まれている乳酸菌とさらに原料となっている
牛乳の栄養価のおかげです。
ヨーグルトは牛乳か豆乳を乳酸菌で発酵させたものですね。

原材料となっている牛乳も豆乳もどちらもカルシウムやたんぱ
く質など良質な栄養素をたくさん含んでいますね。それを乳酸
菌で発酵させることで、さらに栄養価も身体への吸収率もアッ
プします。

乳酸菌には栄養素の吸収を高めるだけでなく、腸内環境を整え
てくれる働きがあります。栄養バランスの偏った食生活やスト
レスで腸内の悪玉菌が増え腸内環境も乱れます。そうなると便
秘や下痢、肌荒れやアトピー性皮膚炎、疲れやすさなどさまざ
まな不調を招きます。

ヨーグルトには腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれ
る働きが期待できるので、これらの不調も緩和していくことが
出来ますね。ただし、ヨーグルトを食べたからといってすぐに
効果が現れるわけではありません。

出来るだけ毎日ヨーグルトを食べ続けることで、腸内の善玉菌
を増やすことが出来ますよ。ヨーグルトの効果を実感するため
には、1日あたり200グラムから500グラムほどを最低でも半月
ほどは食べる必要があると言われています。

またヨーグルトは新鮮なうちに食べることも大切です。時間が
経つと乳酸菌の数も減っていくので、買ってきたら出来るだけ
早く食べるようにしましょう。
食べるタイミングとしては食後がおすすめです。

食後は胃酸も薄まっているので、乳酸菌がそのまま腸に届く確
率も上がります。


スポンサーリンク



乳酸菌効果?

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、私たち人間の身体に良い
働きをする善玉菌の一種です。乳酸菌の効果は大きく2つあり
ます。一つ目は、皆さん良くご存知の整腸作用です。乳酸菌を
摂取すると、体内で糖を分解して乳酸や酢酸を生成し腸の働き
を整えてくれます。

善玉菌の住みやすい環境に整えて悪玉菌が増えないようにして
くれます。悪玉菌が増えることで起こる便秘や下痢といったト
ラブルを防ぐことが出来ますね。特に便秘はあらゆる病気や不
調の原因となるので、乳酸菌の働きで腸内環境を整えて毎日快
便で過ごすことはとても大切なことです。

乳酸菌にはもう一つ、腸の免疫を活性化してくれる効果があり
ますよ。人間の身体の免疫を左右する免疫細胞の実に60%が腸
に集中しています。ですから腸内環境が免疫力にも大きく影響
を及ぼします。

腸内環境が悪化していれば免疫力も低下して、インフルエンザ
や風邪などの感染症にもかかりやすくな、アレルギー疾患のリ
スクも高まります。乳酸菌の働きで腸内をキレイに整えておく
ことは、健康な身体を保つためには欠かせないことです。


ヨーグルトダイエット?

素晴らしい効果が期待できるヨーグルトですが、このヨーグル
トを使ったダイエットが注目されています。ヨーグルトの乳酸
菌の働きで便通を良くして健康的にダイエットが出来ますよ。

またヨーグルトにはカルシウムも豊富に含まれていますが、こ
のカルシウムがダイエットに役立ってくれます。カルシウムに
は基礎代謝を上げて体脂肪を燃やしてくれる作用があるので、
ダイエットには最適な栄養素なのです。

ヨーグルトダイエットといってもやり方はとても簡単です。
1日200グラムのプレーンヨーグルトを食べるだけです。
オリゴ糖やフルールを混ぜても良いでしょう。

市販のヨーグルトは、それぞれ違う種類の乳酸菌が含まれてお
り人によって相性があります。同じヨーグルトを最低2週間は
続けて食べてみて身体の調子を見てみましょう。

ヨーグルトは朝食べても夜に食べても、おやつ代わりに食べて
もいつでも自分の好きなタイミングでオッケーです。朝の空腹
時にヨーグルトを食べるとカルシウムの吸収率もアップして基
礎代謝を上げることが出来ます。

21時頃にヨーグルトを食べると、整腸作用の効果が現れやすい
と言われていますよ。22時から深夜2時は腸の働きも活発にな
るので、21時くらいに食べるのが良いのです。

ただ寝る前なので、糖分は入れずに夕食も控えめにしておきま
しょう。寒い季節には電子レンジで温めて食べるのもおすすめ
です。電子レンジでヨーグルトを37℃くらいに温めて食べるこ
とで内臓を冷やさないで乳酸菌を補給できますよ。

人肌程度に温めることで乳酸菌が活性化されます。ただ温めす
ぎると乳酸菌が死滅してしまうので温めすぎには注意して下さ
いね。プチ断食や置き換えダイエットに利用すれば、さらにス
ムーズにダイエットが出来るでしょう。


まとめ

ヨーグルトはお腹の健康に役立ってくれる他、病気の予防や美
肌などさまざまな効果が期待できます。美味しいことも魅力の
ヨーグルトなので、毎日の食生活に上手に取り入れて腸をキレ
イにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑