七味と一味はどちらが辛い?違いは何ですか?

公開日:  最終更新日:2018/03/11



どこの家庭にもある調味料と言えば七味唐辛子ではないでしょ
うか。七味唐辛子に似た調味料に一味唐辛子もありますが、こ
の違いを知っていますか?

ここでは日本の食卓に欠かせない七味と一味の違いについて詳
しくご紹介しましょう。


スポンサーリンク



七味と一味はどちらが辛い?

七味と一味もどちらも唐辛子の粉末が入っているのでピリっと
辛味がありますね。これがさまざまな料理のアクセントとなっ
て美味しいのですが、どちらが辛いのでしょう。
その前にまずは両方の原材料の違いをご紹介しましょう。

一味唐辛子は、唐辛子の実を乾燥させて粉末にした調味料です。
関東では一味のことを大辛(おおがら、おおから)などと呼ば
れることもあります。七味唐辛子は、一味唐辛子を主原料とし
て他の香辛料がミックスされたものです。

七味とありますから、一味をはじめとして7種類の香辛料で作
られるのですが、必ずしも同じ原材料が使用されるわけではあ
りません。
また、生産者によって7種類の原材料とは限らないようです。

七味も一味も呼び方が似ていますし、見た目も似ているので混
同しがちですね。しかし一味が唐辛子のみの調味料なのに対し
て、七味唐辛子はいくつかの香辛料がミックスされた調味料な
のですね。

唐辛子のみの一味は世界各国の料理に用いられていますが、七
味の方は日本特有の調味料で和食に用いられることが多いです
ね。では辛さについてですが、もちろん唐辛子のみで作られた
一味の方が七味よりも辛いですね。

七味には、唐辛子をメインにケシの実や麻の実、紫蘇やゴマ、
陳皮、山椒などの原材料が使用されています。ピリッとした辛
み成分は唐辛子ですから、それが100%の一味の方が辛いのは
当然ですね。

七味には、唐辛子以外の辛みのない原料がたくさん入っている
ので、それだけ辛みがマイルドになります。ただ、唐辛子の辛
さというのは生産者によってかなり辛さに違いがあるようです。

辛みの少ないものから強いものまで、その差は200倍もあると
言われているので、辛みの強い唐辛子を使用していればそれだ
け辛くなります。辛みの強い唐辛子を使っていれば、一味より
も七味が辛いというケースもあるでしょう。


スポンサーリンク



七味と一味の用途の違いは?

七味も一味もどちらもコンビニやスーパーなどに行けば手軽に
購入できるので、どこの家庭にも必ずどちらかがあるでしょう。
でも七味も一味もどちらもあって、用途によって使い分けてい
るという人は少ないでしょう。

先ほども紹介したように、乾燥させた唐辛子だけを粉末にして
いる一味は、日本だけでなく世界各国で利用されている調味料
です。
一方の七味は日本で生まれた調味料で、味も違いがあります。

どちらも好きなように使えばよいのですが、このような背景が
あるので用途も自然と違ってくるようです。日本で誕生した七
味唐辛子は、やはり和食で用いられること多いですね。うどん
やお蕎麦、お味噌汁や豚汁、天ぷらや焼き鳥、漬物との相性が
良いですね。

一味よりも辛みもマイルドで、ケシの実や山椒、ゴマなどの風
味もあるので良いアクセントになって食欲も引き立ててくれま
すね。一方の一味は、世界各国で用いられている調味料なので、
和洋中問わずどんな料理とも相性が良いですね。

カレーやマーボー豆腐などの料理を辛くするために用いられた
り、ピザやパスタとの相性も良いですね。もちろん、七味はこ
の料理に一味はこの料理に、といったように用途が決められて
いるわけではありません。

一人ひとりの好みもあるので、好きなように使えば良いでしょ
う。ただ一般的には、七味は料理に辛みと同時に風味も加えて
くれるのに対して、一味はシンプルに辛みだけを加えてくれる
ことが違う点です。


七味と一味を好む人はどちらが多い?

このように原料や味、用途にも違いがある七味と一味ですが、
どちらを好む人が多いのでしょう。やはり日本人の味覚に合わ
せて作られた七味の方が、日本では人気がありますね。

うどんやお蕎麦、お味噌汁などの汁物にはやはり、一味よりも
七味の方が合いますね。中にはダイエットのためにと一味を好
む人もいるでしょう。
一味の原料である唐辛子の辛み成分はカプサイシンですね。

このカプサイシンには、脂肪を燃焼させる働きがあるのは有名
です。身体もポカポカしてきて余分な脂肪をエネルギーとして
代謝してくれる働きがあるのですから、ダイエットにもぴった
りです。

唐辛子には血行や代謝をアップする働きもあるので、冷え性の
女性にも良いですね。辛み以外にもダイエットや冷え性に良い
効果がある唐辛子ですが、七味にもさまざまな健康効果が期待
できますよ。

七味には、ビタミンやミネラルが豊富なケシの実や麻の実、漢
方でも使用される陳皮や山椒などが入っています。健康にも良
くて、辛みがマイルドで使いやすい七味は、日本各地にさまざ
まな銘柄がありお土産物としても人気ですね。


まとめ

普段何気なく使っていた七味や一味ですが、このようにかなり
違いがあるのですね。味や風味をアップしてくれる七味と一味
は、栄養面でも優れているのでいろいろな料理に使っていきた
いですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑