焼き物の有名な作家は何を作っている?どんな人がいる?

公開日:  最終更新日:2018/03/19


焼き物の作り手に注目すると、これは窯元と陶磁器メーカー、
作家の3つにタイプ分けされることが有名です。窯元と陶磁器
メーカーの作品を目にする機会はたくさんあって、使い勝手の
良さや伝統などを使用時にそれぞれ感じられますよね。

だけど焼き物には作家の存在も重要なポイント、有名な作家は
何を作っているのでしょうか?

スポンサーリンク


焼き物 有名な作家はどんな人がいる?

窯で焼いた陶磁器が焼き物と呼ばれ、釉薬と焼成温度によって、
焼き物は土器と炻器、陶器や磁器に大きく分類できます。昔は
畿内から東で作られる焼き物は瀬戸物、中国地方などでは対し
て唐津物と言われていたそうです。

今でも瀬戸物と呼ぶ人はいますけど、やっぱり焼き物と呼ぶの
が最近では一般的ですよね。焼き物は地域ごとに特色が見られ
ることも人気のカギ、産地にあわせて焼き物は異なる作りをし
ています。

基本的に陶磁器企業やブランドが知られますけど、焼き物で有
名な作家はどんな人がいるのでしょうか?まず、焼き物は産地
ごとに継承された技法などがありますから、これをしっかり受
け継いだ作家が多くなっていますよ。

日本国内で作られる焼き物において、値段が高い焼き物なら古
伊万里と有田焼があげられます。焼き物のシェアが全体の6割
りを超えるメジャーな美濃焼、江戸時代からある益子焼も日本
を代表する焼き物と言えますよね。


 

どれも伝統文化のひとつですから、焼き物について優れた技術
を持つ作家には、重要無形文化財の保持者に認定されている人
も出ているのです。歴史ある焼き物を作り続けるには、職人と
しての技術が当然外せません。

焼き物作家になるため、先代に師事したり、海外での修行など
を経て実力を備えるように成長するケースがよく見られますよ。
実はこうした作家はほとんどが地域の焼き物を代表する作家で
もあって、窯元の名と一緒に作家の名が人気の一因になってい
ることもあります。

先代の名を引き継いでいる場合もあるので、長く続く窯元であ
ればこういう要素がほかには無い魅力ですよね。また、焼き物
の有名作家には、これ以外に現代工芸アートと呼ばれる作品を
生み出している人もいます。

焼き物に特徴的な絵柄が描かれていたり、独特のデザインをこ
れらは持ち合わせていますから、現代工芸アートは近年では特
に注目を集めているのです。

陶磁器意匠を専門的に学んだ作家や、海外の陶芸大賞展で受賞
歴を持つ作家、更に個展で作品を発表している作家など多彩に
います。伝統的な技術に加えて、現代的なデザインを取り入れ
た作品を入手したいなら、このような作家の作品を選んでみる
のもおススメです。

スポンサーリンク


焼き物 有名な作家は何を作っている?

焼き物は日本全国の焼窯で作成されていますけど、有名な作家
は何を作っているのでしょう?一般的に焼き物と言えば、高価
な壺や大鉢を思い浮かべる人が多いかもしれません。

実際のところ、意外なことに有名な作家であっても、これ以外
にお手頃価格の酒器や湯呑など豊富な種類を作っています。人
気作家の作品も手が届かないことは無いのです。

マグカップやコーヒーカップ、丼などはおトクな価格帯で手に
入りますし、オシャレなデザインが数多く登場していますよ。
丸皿や板皿はペアやセットでも製作されますので、組み合わせ
を自分で難しく考える必要はありません。

茶道具や香炉、蓋物などは価格帯が高くなってしまいますけど、
高級感があって雰囲気やデザインを楽しめます。楽器や動物を
アレンジした置物など、焼き物はインテリアとしてのニーズも
高まりつつあります。


 

陶画を額縁に入れた焼き物の中では珍しい陶額などを手に入れ
れば、お部屋に飾ることでインパクト大でしょう。もちろん焼
き物作家は自分の作品を作る上で、原材料や用いる技術、焼成
方法にもこだわっています。

手間がかかる手段を講じたり、最先端技術を取り入れるなど、
挑戦することで作品に量産品では実現しないような魅力を付加
していますよ。値段に関わらず作家は作品に思いを込めている
ので、焼き物にはそれぞれ個性が強く現れます。

作家ごとに雰囲気や世界観が出るため、同じ作家の作品を取り
揃えれば、作家の見せたい姿が明らかになってきます。焼き物
に難しいといった印象を持つ人にも、同一作家の作品集めは簡
単に実践できますから向いていますよ。

焼き物の有名作家には地域独自の技術を継承した作家と、現代
工芸アートとして焼き物に携わる作家がいます。古伊万里と有
田焼が高価な焼き物として取り上げられやすく、美濃焼や益子
焼も日本では代表的な焼き物ですよね。

これらの技術を備えた作家には期待が集まっていますし、重要
文化財保持者に認定される素晴らしい作家も登場しています。
伝統的な要素を踏まえ、ポップなデザインなどを取り入れた現
代工芸アートも新登場、個展などでこうした作家の作品もチェ
ックできますよ。


まとめ

焼き物は高価なイメージがありますけど、マグカップやコーヒ
ーカップなどのお買い得な作品も有名作家が自ら手掛けていま
す。購入しやすいものや、インテリアとしてオシャレを楽しめ
る焼き物も増え、誰でも入手できるように焼き物は進化してい
るのです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑