足立花火大会2017日程と見所?穴場スポットと観覧場所は?

公開日:  最終更新日:2018/02/26


夏の楽しみの一つに全国各地で開催される花火大会があります
が、都内で開催される数ある花火大会の中でもトップバッター
を飾るのが足立花火大会です。

100年もの長い歴史を持つ花火大会で、今年で第39回目を迎え
ます。毎年7月下旬に開催される足立花火大会を楽しみにされ
ている方も多いでしょう。

ここでは2017年の日程と、まだ足立花火大会を見たことがない
という方のために開催場所や見所、穴場スポットなども紹介し
ますので参考にしてください。


スポンサーリンク



足立花火大会の日程と場所と見所は?

第39回目となる2017年の足立花火大会の日程ですが、7月22日
の土曜日が予定されています。毎年7月下旬の土曜日に開催さ
れることになっており、昨年は7月23日の土曜日に開催されま
した、

打ち上げ時間は19時半から20時半までの1時間で、このわずか
1時間の間におよそ12000発以上もの花火が夏の夜空を彩ります。
雨などの荒天に見舞われた場合には翌日の23日が予備日となり
ますが、両日ともに荒天の場合は残念ながら中止となります。

打ち上げ場所となるのは荒川河川敷で、毎年40万人もの見物客
でにぎわいます。足立花火大会の見所となるのは、なんといっ
ても圧倒的な花火の数で、昨年はなんと13,500発もの花火が打
ち上げられました。

花火の数はもちろんその種類が豊富であることも魅力で、打ち
上げ花火からスターマイン、小型煙火、仕掛け花火のナイアガ
ラも登場します。ナイアガラは足立花火大会の名物となってお
り、大規模な迫力のあるナイアガラが楽しめます。

富士山をモチーフにしたものや、色が次々に変わっていったり
と、趣向を凝らしたナイアガラは必見です。また、荒川河川敷
が打ち上げ場所で観覧席との距離が近いことも魅力で、臨場感
あふれる花火を体感できます。

北千住側が打ち上げ場所となっているので、西新井側と北千住
側の一部が観覧場所となっています。西新井側の方が広いので
ゆったりと鑑賞できるでしょう。有料席などは設けられていな
いので、いい席を確保するためには早めの準備が必要になります。


足立花火大会の穴場スポット?

毎年たくさんの人出でにぎわう足立花火大会ですから、混雑が
予想される王道スポットよりも、穴場スポットでゆっくりと楽
しみたい方もいらっしゃるでしょう。
打ち上げ場所から少し離れますが、見やすさと混雑具合のバラ
ンスが良い千住新橋グランド周辺がおすすめです。荒川江北橋
緑地も穴場スポットで、打ち上げ場所から遠い場所ですが、混
雑もなく落ち着いて花火を楽しめる場所です。

小さいお子さんがいる家族などにはおすすめです。他に扇大橋
周辺や、尾竹橋通りの西新井橋周辺の河川敷もおすすめの穴場
スポットです。メインとなる西新井緑地が埋まっていた時にこ
ちらに来る人が多く、花火もばっちりと観ることができます。

駅から少し離れているために混雑もなく、場所取りも特に必要
ないでしょう。


スポンサーリンク



足立花火大会の観覧場所と駐車場情報?

足立花火大会のメイン会場となるのは、梅島、西新井川の河川
敷である西新井緑地です。駅から離れていることもあり、メイ
ン会場ながらも割と空いている定番のスポットです。

名物のナイアガラもここでばっちりと観ることができますし、
東京スカイツリーと花火とのコラボも楽しめます。荒川河川敷
運動公園は、足立花火大会の王道スポットで、早朝から場所取
りをする人も大勢いる激戦区となっています。

気合を入れないと確保できないスポットで、当日もかなりの混
雑となります。足立花火大会は、荒川河川敷が打ち上げ場所と
なるので、荒川を挟み南側の千住側と北側の西新井側がそれぞ
れ会場となります。

南側の千住側のアクセス方法ですが、東武線、JR、東京メトロ、
つくばエクスプレスの北千住駅から降りて徒歩15分になります。
毎年、北千住駅は大混雑しています。

足立花火大会当日は、通常であれば徒歩15分の場所でも2倍以
上の時間がかかりますから、時間に余裕を持ってお出かけくだ
さい。

他に、日暮里・舎人ライナーの足立小台駅から徒歩25分、京成
本線の千住大橋駅からも徒歩25分となっています。こちらは、
比較的混雑が緩やかですのでおすすめです。

北側の西新井側へのアクセス方法は、東武線の小菅駅、五反野
駅、梅島駅からそれぞれ徒歩15分となっています。会場となる
荒川河川敷は東西に広がっており、どこで鑑賞するかによって
最寄り駅も異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

いずれも混雑は必至で、会場周辺道路では交通規制もかかります。
当日18時から22時頃まで交通規制がかかる予定で、会場には臨
時駐車場なども設けられていないのでマイカーの利用は避けた
方がいいでしょう。

交通規制区域以外でも会場周辺道路は例年大渋滞となりますか
ら、出来るだけ会場周辺には車で近づかない方がいいでしょう。
足立花火大会は例年40万人もの人出で賑わう一大イベントです
から大混雑が予想されます。


まとめ

マイカーではなく公共交通機関を利用して、事故や怪我、迷子
にならないように、しっかりと計画を立てて行動してくださいね。
打ち上げ花火、スターマイン、ナイアガラと1時間の間に次々に
打ち上げられる迫力のある花火を安全に楽しむために、ここで
紹介した穴場スポットも利用してくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑