時代 祭り 2017の見所と日程?交通規制はあるの?穴場は?

公開日:  最終更新日:2018/03/02


京都の秋の風物詩となっている時代祭りは、国内はもちろん海
外からも毎年たくさんの人が駆けつけている一大イベントとな
っていますよ。

葵祭、祇園祭りとともに京都三大祭りとして知られる時代祭り
の2017年の日程や見所などについてご紹介します。


スポンサーリンク



時代 祭り 2017の見所と日程?

京都三大祭りの一つである時代祭りは毎年10月15日の時代祭宣
状祭からスタートして、時代祭や神幸祭などがあり23日の後夜
祭で締めくくられます。時代祭りの最大の見所である時代行列
は毎年10月22日に行われています。

2017年の日程も例年通り、10月15日からスタートし23日まで行
われます。気になる曜日ですが、10月15日は日曜日で23日が月
曜日です。1週間以上にも渡って行われるお祭りで、ハイライ
トとなる時代行列が行われる22日が悪天候になった場合には翌
日23日に順延されることになりますよ。

一番の見所となる時代行列が今年は日曜日に開催されるとあっ
て、さらに大勢の人出で賑わうことでしょう。時代祭りは、18
95年明治28年、平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を盛大に奉
祝する行事が起源となっていますよ。

また時代行列は、東京遷都以前の京都の歴史や文化が一目で誰
でも理解できるようにと始まったのだそうです。時代祭りのハ
イライトとなる時代行列は、明治維新から順に古い時代へと遡
っていきます。

明治維新から順に古い時代へとさかのぼり延暦時代に至り、最
後には御鳳輦の神幸列や弓箭組列の順で行列が進んでいきます。
毎年同じコースを各時代の衣装を身にまとった行列がねり歩き
ます。

京都御所建礼門前を22日の午前0時に行列がスタートします。
明治維新時代の維新勤王隊列や維新志士列、江戸時代の徳川城
使上洛列や江戸時代婦人列、さらに平安時代の平安時代婦人列
など見応えたっぷりの行列ですよ。

到着地点となるのは平安神宮です。全体で2時間半ほどもかか
る豪華な行列で、時代ごとの衣装が勢揃いしていますよ。京都
の代表的な通りをねり歩くコースとなっているので、見学もス
ムーズに出来るはずです。

時代行列では、衣装や持ち物、履物、小物に至るまで全て専門
家の時代考証に基づき、限りなく忠実に復元されたものばかり
です。髪型やお化粧、着付けなども当時のままに再現されてお
り、まさに一目で京都の歴史が分かる動く時代絵巻なのです。


時代 祭り 交通 規制はあるの?

時代祭り当日には交通規制も行われますよ。交通規制がある場
所は、時代行列の通るところで、22日の正午から14時30分まで
は交通規制があるので、車でのお出かけは控えた方が良いでし
ょう。

正午に京都御所建礼門前を出発し、12時15分に堺町御門、12時
30分には烏丸丸太町、12時50分には烏丸御池となっています。
さらに13時20分には河原町御池で13時30分には河原町三条、13
時40分には三条大橋、14時10分には三条神宮道、そして14時30
分に平安神宮に到着して終了です。

毎年同じタイムスケジュールで行列が進行してますので、この
間は交通規制もあるので注意して下さいね。


時代 祭 有料 観覧 席はあるの?

時代祭りでは有料の観覧席も用意されています。先頭から最後
まで見れば2時間半にも及ぶ時代行列ですから、立ち見ではか
なり体力も消耗しますね。

有料の観覧席を利用すれば、座ってゆっくりと時代行列を満喫
することできるのでおすすめです。有料の観覧席には椅子が用
意されており、前列で御座に座ることもできます。有料観覧席
の場所は、京都御苑と御池通、そして平安神宮道にあります。

全席指定となっておりパンフレット付きです。時代行列の巡回
コースマップも事前にチェックして、どこの有料観覧席にする
かを決めましょう。京都御苑、御池通、平安神宮道の3カ所に
有料観覧席が設けられているのですが、おすすめは出発地点で
ある京都御苑席です。

参加者もまだ元気で衣装も乱れておらずキレイな状態で楽しめ
ますよ。出発前の列に一声かけて写真撮影をお願いできるかも
知れませんし、衣装も間近で見れるかも知れませんね。


スポンサーリンク



時代 祭 穴場はどこなの?

有料観覧席を確保しない場合の穴場ですが、有料観覧席がある
御池通りと河原町通りが交差する京都市役所付近です。ここは
13時頃に行列が通過しますよ。ここは有料観覧席があるスポッ
トですが交差点付近には観覧席はなく、交通規制がある時間よ
りも少し早く到着すれば最前列で観ることもできますよ。

三条通り東山駅付近から平安神宮手前にある神宮道周辺もおす
すめの穴場スポットです。ここは道幅が狭くなっているので、
より間近で行列を観ることができます。スタート地点とゴール
地点には人が大勢いますから、見えづらいかも知れませんね。

事前に巡回コースを周ってみて、穴場スポットをチェックして
みるのもおすすめです。時代祭りの時代行列はまさに生きた時
代絵巻で、古都京都の1000年もの歴史が凝縮されていますよ。


まとめ

伝統工芸技術の粋を集めて復元されたという素晴らしい行列で
すから一度は足を運んでみたいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑