子供の笑顔は癒しになるのか

公開日: 


子供は無条件でかわいいといいますが、子供の笑顔は癒しになるのでし
ょうか。

3人の子育てを通じて思った、子供の笑顔とストレスについてご紹介し
ます。

スポンサーリンク



成長するたびに可愛くなる?


昔は苦手としていた子供ですが、実際に子供を産むと日々その可愛さに
メロメロになる自分がいます。

おそらく自分の子供でなければ長時間一緒にいるだけで、ストレスはど
んどん溜まっていったでしょう。

しかしお腹を痛めて生んだ可愛いわが子ということではありませんが、
自分の子供は成長を間近に感じられる分愛しいと思えるのです。

初めて声をあげて笑った日やこちらがあやすと笑ってくれること、ちょ
っと叱ると涙目になって一生懸命泣くのをこらえる姿など全てが愛しく
感じられます。

よちよち歩きのころの子供は周りからもかわいいとよく言われますが、
はっきり言えば自分の子供はいくつになっても可愛いです。

イライラさせられることもありますが、改めて振り返ったときに成長を
感じられるのが一番のメリットでしょう。

笑顔を見ると自然と笑える?


子供の成長で最もストレスを軽減できるのが、子供の笑顔を見たときで
す。

何とも不思議なもので、子供の笑顔というのはこちらの気持ちまで和ら
げてくれます。

落ち込んでいるときや悲しいときなど、マイナスの気持ちを持っている
ときほど笑顔に癒されるのです。

そう感じられるようになったのは、子供が泣きながら私にしがみついて
きたときかもしれません。

しがみつく我が子を見て、この子は私がいなければ生きて行けないと思
わされたからでしょう。

どういうシチュエーションだったかは忘れましたが、そう思う瞬間が確
かにあったのです。

長男の時だったということだけは確かですから、その後次男と三男が生
まれても守ってあげようという気持ちの方が強くなりました。

ですから子育てで感じられるストレスというものは、本当に小さなもの
にすぎなかったのです。

心の重しがなくなった?


まだ子供がいなかったとき、私はプレッシャーをかけられることが非常
に多く体調も崩しがちでした。

特に受験シーズンはもっと上の学校を目指すのが当たり前、このレベル
なら合格して当たり前という考えが周りにあったのです。

しかしプレッシャーが重すぎたためか、まず精神面に影響が現れその後
体調にも影響が出てしまいました。

そういったことが重なって自分はダメな人間だと思い込むようになり、
周囲のプレッシャーを重く感じるようになっていたのです。

しかし子供が生まれるとどういわけかプレッシャーという重みはありな
がらも、徐々に軽くなっていきました。

おそらく子供の存在自体がストレスを柔和し、プレッシャーからも解放
してくれたからでしょう。

また私自身子供と一緒に成長しているという自覚が持てるようになると、
できなくて当たり前のことがあると思えるようになったのです。

焦った!上の子がかわいくない?


子供が可愛い可愛いと言っても、一度だけ長男が可愛いと思えなくなっ
た時があります。

次男が生まれたときなのですが、次男が生まれる前日まで長男を可愛い
と思っていたのに次男が生まれた瞬間に可愛いという感情が消えていた
のです。

一時保育先から直接病院へやってきた長男を見ても、可愛いと思えず焦
りました。

昨日まで可愛いと思っていたのになぜと動揺しましたが、長男の可愛い
ところを改めて探すきっかけにもなったのです。

それまでどんなに生意気なことを言っても、いたずらをしても可愛いと
思っていたのですからまた思うことはできると信じました。

そして入院中に長男の一生懸命な姿を見ながら、改めて長男を可愛いと
思えるようになったのです。

さすがにどうして可愛いと思えなくなったのかというストレスがありま
したが、徐々に解放されていきました。

スポンサーリンク



下の子になればなるほど可愛い?


ある育児漫画に自分の子供の年齢より小さい子供は、みんな可愛いとい
う言葉がありました。

子供を持つようになるとその言葉を実感することが多くなったのですが、
確かに下の子ほど可愛いのです。

すでに上の子で同じ時代を見ているからでしょうか、また同じ顔をして
いるのでデジャビュのようなものもあるかもしれません。

しかしそれぞれに個性があり、それぞれの笑顔でストレスを軽減してく
れることも確かです。

長男は現在中学校1年生ですが、長男の年齢より小さい子は確かに可愛
いと思えるのです。

子供はいつまでたっても可愛い子供といいますが、おそらく子供が全員
成人しても同じことを感じるのだろうと思います。

一つ一つの行動に驚かされることもあればやきもきすることもあります
が、大きなストレスとなることはなくむしろストレス解消になっている
のです。

特に子供の笑顔の力は大きく、精神的な疲れが一気に吹き飛ぶきっかけ
になっていると思います。

まとめ


子供に対してストレスを感じる方もいるでしょうし、ママ友と話してい
ても子育ての愚痴はよく聞きます。

しかし最終的に子供を憎むことはできないという結論に達し、多くのマ
マが似たような思いで子供に接しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑