虐待イコールストレスの現れ

公開日:  最終更新日:2018/09/08


テレビやネットでも虐待という言葉が叫ばれていますが、ストレスが溜
まるから虐待するのでしょうか。

最近は子供が泣くたびに「虐待では?」と思ってしまうほど、虐待とい
う言葉に敏感になっているように思えます。

スポンサーリンク



子供が泣く=虐待ではない?


よくネットの情報サイトや相談サイトなどで見るのが、子供の泣き声が
ひどいと児童相談所に通報されるということです。

実際に通報され児童相談所の方が来たという事例もあったようで、正直
怖くなりました。

というのも長男を出産したときに住んでいた家は古いアパートで、音も
漏れやすい構造になっていたからです。

また近所に同じ年頃の子供はいませんから、泣き声がひどいことで通報
されるのではないかと不安になりました。

その後は子供が泣くたびにびくびくし、早く泣き止ませなければという
思いに駆られました。

さらにその思いがストレスとなり、子供を一切泣かせてはいけないとい
う考えにまで発展したのです。

近所からの通報が怖い?


子供が泣くことで最も怖いと思ったことは、近所から通報されることで
す。

近所には私よりも年上の方や高齢者、あるいは独身の学生や社会人が多
く住んでいました。

そのアパートは長男が生まれて1年3か月で引っ越しましたが、通報がな
いことにホッと胸をなでおろしたほどです。

しかし引っ越し先のアパートも、階下の住人が音に敏感な方でした。

我が家の前に住んでいた家族もその方からの度重なる苦情で引っ越した
ほどで、管理会社も半ばあきらめているようでした。

ただその家に住んでいた3か月間は一度も何も言われなかったので、苦
情はないのかと思っていました。

ところが用事があって管理会社を訪ねたところ、階下の住人から何度か
苦情が出ていたことが判明したのです。

引っ越し後は同じアパートの世帯全部に小さい子供がいるということで、
初めて安心できました。

しかしそのアパートで生まれた次男の声は非常に大きく、泣いたり騒い
だりすると窓を閉めていても2丁先まで聞こえるほどでした。

ですからやはり近所の方に通報されてしまうのではという危惧があり、
ストレスとなっていったのです。

スポンサーリンク



周りからのプレッシャーを子供に求めてしまう?


近所から通報されてしまっては、最悪子供と引き離されてしまうと思う
と怖くなりました。

通報されたくないというストレスから、泣くなという無理難題を子供に
押し付けるようになってしまったのです。

しかし子供はある意味泣くのが仕事ですし、赤ちゃんは泣かなければ感
情や意思を伝えることができません。

求めることと赤ちゃんや子供ができることが矛盾し、頭を抱えるように
なってしまいました。

そのうちに子供が泣き声を発したら、3~5分以内に泣き止ませる方法を
考えるようになってしまったのです。

最終的に責めるのは自分自身?


さらに理由もなく泣く黄昏泣きが始まると、赤ちゃんは1時間以上泣き
止みません。

そうするとだんだんと、子供や赤ちゃんが泣くのは私が悪いと思うよう
になってしまったのです。

私がもっといいママだったら、子供たちはこんなに泣くこともないと自
分を責めてしまいます。

第三者から見ればあまりいい状況とは言えないのでしょうが、自分を責
めなければもっと精神状態が悪化してしまいそうでした。

そうすると今度は子供に手を上げて、本当の虐待になってしまうように
思ったのです。

ですから子供がよく泣くのは自分のせいとして、自分をどんどん追い詰
めることで精神状態のバランスを保っていました。

ただ一気に私自身が崩れなかったのは、周りがサポートしてくれたから
だと思います。

夫はもちろん実家や理解ある近所の方などが、子供に対していい子だと
言ってくれたりしました。

何より私に対して、育て方が上手だから子供がこんなに笑うと言ってく
れることが励みとなったのです。

どこまでがしつけか?


子供に手を上げれば虐待のようにとらえられる現在、しつけと虐待の境
界線を引くのは難しいと思います。

私自身しつけとしてやっていることでも、もしかしたら周りから見ると
虐待ととらえられているのかもしれません。

特に言葉で説明してもわからない時は、手を使って説明することもあり
ます。

その時はどうしても力が入ってしまいますから、子供にしてみれば痛み
を感じることもあるでしょう。

私たちが子供の頃はしつけのために叩かれることはよくありましたが、
今はそれが虐待と言われる時代です。

ですから子供に何かする時、果たしてそれがしつけなのか虐待なのか一
度手を止めることもありました。

しかしその間にも子供はどんどん好き放題しますから、余計にストレス
が溜まる結果となるのです。

そう考えると子育てがしづらい世の中なのか、それともしやすい世の中
なのか難しいと感じることもあります。

まとめ


ストレスがたまると虐待に走るという話をよく聞きますが、周囲のサポ
ートがあるかどうかでまた状況は変わるのではないかと思います。

もしストレスを解消することが難しいのであれば、虐待に走る前にでき
ることを考えることも大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑