子育て悩み夜泣きの解決法?癇癪(癇癪)の解決法?

公開日: 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

夜泣きや癇癪、母乳を飲んでくれないなど子育ての悩みを抱えている人
は多いですよね。

ここではそれぞれの悩みの原因とどうすれば解決するのか、その方法に
ついて紹介します。

スポンサーリンク



子育て悩み夜泣きの解決法?


おむつが濡れていたり、お腹が空いていたりすると赤ちゃんは泣くこと
でママに知らせようとしますよね。

でも夜泣きは特に理由がないのに起こることがあるから、ママもどうし
てよいか困ります。

一番の原因は赤ちゃんの生活リズムが出来上がっていなくて、眠りが浅
かったり体内時計の調整ができないことです。

だからすぐに起きて泣いてしまうんだけど、生活リズムが整っていけば
夜泣きも減るはずです。

もし昼間に元気に動いていて疲れているはずなのに、夜泣きをする時は
寝ている場所の環境を変えてあげてください。

赤ちゃんが熱さや寒さを感じない適度な室温、静かで暗い場所に寝かせ
てあげるとぐっすり眠ってくれるかもしれません。

昼間の時間の過ごし方できちんとリズムを作ってあげれば、1歳くらい
には夜泣きが治まるって言われています。


どうしても夜中に起きてしまう時は、目が覚めきる前に寝かしつける方
法を試してみてください。

抱っこして揺らしたり授乳したりすると落ち着いて眠り始める子もいる
し、音楽を聞かせるとうとうとし始める子もいます。

寝ぼけながら泣いているような時は、逆にしっかり目を覚まさせた方が
良いっていう人も多いですよね。

そんなに長く起きていられないはずだから、自然に寝るまで好きに遊ば
せておきます。

でも夜中に起きてたからって翌朝の起床時間をずらすと、夜泣きが続く
ことになるから気をつけてください。

朝は同じ時間に起こして、昼はたっぷり遊ばせるっていうのを続けるう
ちに夜泣きせずに続けて寝てくれるようになるはずです。

スポンサーリンク



子育て悩み癇癪(癇癪)の解決法?


泣く以外の赤ちゃんの感情表現の方法が癇癪なんだけど、いきなり怒り
出すからビックリすることも多いですよね。

思い通りにならないことがあると癇癪を起こして泣きだすのは、赤ちゃ
んが自分の感情を伝えたいと思っているから。

まだ上手に気持ちをコントロールできないから、爆発したみたいに怒り
だしてしまうだけなのです。


一般的には1歳くらいから始まって就学年齢頃には治まるって言われて
るけど、全く癇癪を起さない子もいます。

ただ学校に行き始めても治まらない子もいるから、はっきりいつ始まっ
ていつ終わるとは言えません。

言葉が話せる年齢になれば癇癪を起こす以外の方法で気持ちを伝えられ
るから、自然に回数は減ってくるのではないでしょうか。

十分に言葉で気持ちを伝えられない時でも、様子を見ていると何が癇癪
の原因かわかることも多いです。

遊んでほしいだけだったり、びっくりして物に八つ当たりしたりする子
もいれば、単に気が強いだけの子もいます。

でも一度気持ちを爆発させたら、自分でも抑えられなくなる子も少なく
ありません。

こんな時にママができることは優しく抱きしめて、気持ちを落ち着かせ
てあげましょう。

抱っこを嫌がって暴れるようなら、声をかけながら落ち着くまで待って
あげてください。

言葉が話せる年齢なら話を聞いてあげるのも、気持ちの切り替えになる
かもしれません。

ママが一緒になって怒っちゃうと逆効果だから、大人も忍耐が大事です。

スポンサーリンク



子育て悩み母乳をあまり飲まない解決法?


赤ちゃんの成長に欠かせない母乳を飲んでくれないとなると、体調も心
配になりますよね。

新生児期に母乳がしっかり飲めないのは仕方ないけど、月齢が上がって
も飲んでくれないと不安にもなりそう。

飲まない理由のほとんどはお腹が空いていないってことだから、お腹が
空いて欲しがるまで無理に飲ませなくても大丈夫です。

胃が小さかったり、吸う力が弱くて途中で疲れてしまって飲まなくなる
赤ちゃんもいます。

そういう時は一度に飲ませるんじゃなくて、授乳回数を増やしてあげた
方が良いでしょう。

授乳の体勢が嫌で飲むのを嫌がる赤ちゃんもいるから、抱き方を変えて
あげるだけでも効果があるかも。

離乳食を始めてからあまり飲まなくなった時は、卒乳のタイミングかも
しれません。

この頃になると母乳は栄養の補助、赤ちゃんの精神安定剤っていう位置
づけになります。

離乳食から栄養が取れていれば無理に授乳しなくてもいいし、母乳が不
要になったっていうサインとも言えます。

体重が順調に増えているか見ながら、授乳の回数やタイミング、1回の
授乳時間を工夫してみてくださいね。



まとめ


夜泣きや癇癪、母乳をあまり飲まないっていう子育ての悩みは、多くの
人が経験することです。

原因は赤ちゃんによって違うし、解決方法も赤ちゃんごとの個人差が大
きいから正解は一つじゃありません。

ここで紹介していない解決方法でも、試してみて効果があったらその時
はそれが正しかったのです。

自分の子供にとってベストな解決方法を見つけられるのは、いつもそば
にいるパパやママだけ。


他の人が効果的だって紹介した方法がダメでも、そんなに気にしなくて
大丈夫だですよ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑