年賀状が子供の成長記録になる?気を遣うこともある?

公開日: 


子供が生まれると出産前のように外出はできませんし、行動範囲や出掛
ける店もがらりと変わってしまいます。

また初めての時は特に子育てで手一杯なので、メールなども送ることが
できませんでした。

スポンサーリンク



年賀状が子供の成長記録に?


年賀状は1年に1回、何かない限り必ず送っています。

小学校や中学校時代からの友人にも、生活スタイルが変わっても必ず送
っていました。

それは出産してからも変わらなかったので、会う機会は減っても相手の
現況を知ることができて私にとってもうれしかったです。

友人は全員私が出産したことを知っていますので、子供がどの程度大き
くなったかなど写真付きで報告しています。

私自身子供の人数が増えるごとに写真をあまり撮らなくなりましたし、
デジカメや携帯カメラが普及した今現像することもありません。

現像するとしたらたまに実家の親が、入学式や七五三などの記念で撮っ
た写真をもらうぐらいです。

ですから年賀状というのは、私にとっても子供の成長記録の一つなんで
すね。

気を遣うこともある?


ただ年賀状に子供の写真を入れるにしても、気を遣うことはあります。

お互いに30歳を過ぎるとだいたい人生の分かれ道という感じが出てきて、
独身を貫くか結婚するかのどちらかのようです。

今は生涯未婚女性も多いですから、私の友人も半数以上が未婚です。

結婚しているかどうかわからず連絡が取れなくなった人もいますが、お
そらく数人は結婚しているでしょう。

ただそうすると、結婚していない人に子供の写真入りの年賀状を送って
いいのかという問題が発生します。

中には結婚しても子供がいない友人もいますから、写真の取り扱いには
気を使いますね。

そのため年賀状は小さい写真シールを添える人と添えない人に分け、子
供が一斉に進学するなどといった年は手作りするようにしました。

スポンサーリンク



久しぶりに連絡を取った元担任?


結婚と出産を機に、久しぶりに連絡を取った人もいます。

その一人が中学校時代の担任の先生なんですが、住所や連絡先は友人か
ら教えてもらいました。

住んでいる場所が学生時代にアルバイトをしているところから近かった
こともあり会う機会はありました。

ただ結婚する4年前にそのアルバイト先は止めていましたから、全く連
絡は取らない状態が続いていたのです。

そして結婚すると友人に連絡したところ、担任に連絡を取ってほしいと
いわれたのです。

今更という感じはありましたが結婚報告をすると、次の年の年賀状が送
られてきました。

そこから毎年年賀状のやり取りが続いているのですが、国語の教師とい
うことだけあってお勧めの本を教えてくれます。

ですから長男が中学校に上がるのを機に、何か購入しようかと考えたり
もしますね。

また子供の写真を見て感想を送ってくれるので、年賀状を送ろうという
モチベーションが保たれています。

妊娠を通じて連絡がきた友人?


妊娠をきっかけに連絡を取り合った友人も2人いますが、私の結婚と妊
娠が早かったので2人目の妊娠以降に連絡が来ました。

2人とも10年以上連絡を取っていなかったのですが、ある日突然結婚報
告がありました。

するとそこからメールアドレスの交換が始まり、日常でもメールのやり
取りをするようになったのです。

1人は里帰り出産のため地元に戻ってきており、2人目を出産したときに
偶然同じ病院に入院していました。

そこから交流が始まりましたが、喪中の年を挟んだのをきっかけに連絡
のやり取りはなくなってしまいました。

ただもう1人は同じ市内に住んでいるということもあり、年賀状のやり
取りを続けています。

昔ほど年賀状交換数がなくなった?


小さいころは親宛ての年賀状が非常に多く、私も大人になったらそのぐ
らいの数の年賀状交換をするものだと思っていました。

しかし最近は個人情報に厳しくなったためか、年賀状交換しようという
話はなかなかあがりません。

年賀状よりメールという人が増えたためかもしれませんが、働いていた
時でも住所の交換はしなかったのです。

幼稚園に上がると最初の年だけ同じクラスの子全員に年賀状を送りまし
たが、1割も返ってこなかったので次の年からは止めてしまいました。

小学校に至っては同じクラスの生徒の住所は教えませんし、電話番号も
記号化しています。

ですから個人情報の取り扱いに厳しくなったのと同時に、年賀状のやり
取りをする友人が減り、結果的に年賀状交換数が減ったのです。

ですから子供が年賀状を書いたことはありませんし、昔は100通近く送
っていた年賀状も今は20通程度しか送らなくなってしまいました。

それはそれで寂しいと思いながらも、今連絡を取り合うことができる友
人関係を大切にしたいと思えるようにもなりましたね。

今後年賀状のやり取りをする人が増えるかどうかわかりませんが、でき
る限り年賀状は送りたいと思います。

まとめ


昔の友人と会う機会が減ったからこそ、年賀状を送り合うことが増えた
のは事実です。

しかしそれで疎遠となってしまった友人もいますから、年賀状の在り方
については今一度考えてみたいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑