端午の節句に何をする?お祝いはどうする!

公開日:  最終更新日:2018/03/25


日本の伝統行事節句の中で端午の節句はこどもの日として国民
の祝日に制定されました。子どもの成長を願う端午の節句を由
来からひも解いて、お祝いの仕方を考えましょう。


スポンサーリンク



端午の節句の由来について

端午の節句は中国から由来した行事で、5月に流行り病などで
亡くなる人が多かったことから菖蒲で厄除けをしたのが始まり
だと言われています。
後に武士社会になると菖蒲と同じ音の尚武に通じるとし武道精
進の象徴として重んじられ、今は端午の節句に菖蒲湯を使う習
慣として残っています。

端午の節句に頂くちまきは、政治的陰謀で失脚し絶望の内に投
身自殺した名王の命日が5月5日に当たり、連珠の葉で包み糸縛
りにしたちまきを供物としたのが始まりだと言い伝えられてい
ます。

ちまきに並んで端午の節句に欠かせない柏餅は、時代が下って
江戸時代になってから子孫繁栄の縁起物として生まれました。
柏の葉は新芽がでるまで古い葉が落ちないという性質があると
ころから、男子が生まれるまで親が生きるのを祈願して端午の
節句に食べられてきました。

スズキやブリなどの成長に従って名前がかわる出世魚は、男子
の健やかな成長と立身を願って、またカツオは勝つに通じると
ころから強い男子の象徴として端午の節句の食卓を飾ります。

第二次世界大戦後の1947年に端午の節句はこどもの日と名称が
変わり、男子女子を区別せず子供の幸福をはかる日に制定され
ました。女の子には3月3日の桃の節句という特別な行事がある
のに、男の子はちょっとかわいそうな気がしますね。


スポンサーリンク



端午の節句を祝う鯉のぼりと5月人形

江戸時代になると武家ではのぼりを立てて男子出生を祝う習慣
がはじまり、一般の庶民はそれに模倣して鯉のぼりを考え出し
たそうです。

鯉が竜門の滝を登って竜になり天をかけるという中国故事に倣
い、登竜門を鯉のぼりに例え困難に屈せず出世する男子となる
願いを込めたのです。また環境の悪い水域でも生き抜く鯉のよ
うに、すくすくと成長ができるようにという意味もあります。
鯉のぼりの初期は真鯉だけでしたが、明治時代になると緋鯉を
合わせてあげられるようになり、昭和になると色とりどりの子
ども達も加わって家族の象徴を表すようになりました。

鯉のぼりの一番上に飾られる吹き流しは戦国時代自軍の陣地を
示すシンボルとして使われていたのですが、転じて魔除けとし
て飾られるようになりました。

ポールの一番上で回る矢車も、カラカラという音で邪気を払い
子どもを守るとされています。女の子の節句を飾るお雛様は、
桃の節句の後なるべく早く片付けないといけないとされています。

だらだらとお雛段をそのままにしている家庭に育った女性はル
ーズで縁遠くなる戒めと言われていますが、天候の変わりやす
い3月の時期のせいかもしれません。

鯉のぼりは端午の節句前の4月中旬から揚げはじめ、5月いっぱ
いまで飾っていても良いとされています。戦国時代以降武家で
は男子が生まれると実戦に備え鎧や兜を作ったようですが、平
和な江戸時代になると子供の安全と成長を祈る象徴として形骸
化したようです。

現在の端午の節句に飾る鎧兜は実際の寸法を縮小したミニチュ
ア版が主流で、武骨な実戦用というより装飾的な要素が強いよ
うです。5月人形は金太郎や牛若丸など勇敢で元気な男の子に
育ってほしいという愛情が込めて飾る大将人形です。

大将飾りは子供の守護神となるので一年中飾っていてもよいよ
うです。


家族で端午の節句を祝いましょう

端午の節句を祝う鯉のぼりや5月人形は誰が贈ればいいのでし
ょうか?鯉のぼりは母親方の両親からとか、5月人形は父親方
からとか、男の子のお祝いなので母親方がまるまる負担する風
習もあれば、まったく反対に父親方が贈るなど地方によって様
々なようです。
九州地方では鯉のぼりに変わる旗を代々父親方の実家が届ける
という慣習があり、鯉のぼりも父親方の祖父母にプレゼントす
る権利があるようです。

現代では習わしにとらわれず、双方のご実家が現金でお祝いし
好みのものを購入したり、一緒に選びに行ったりという選択も
あるようです。

父方がするべきなのか母方が優先されるべきなのかと形式にこ
だわらず、子どもの健やかな成長を祝う気持ちが大切ですね。
端午の節句をご祖父母様がお孫さんの誕生と成長をどれほど喜
び嬉しく思っているか伝える機会の場にしましょう。

端午の節句を祝う粽や柏餅は子どもを見守ってくださる周りの
人達にお喜びを伝える品なので、ご両親が用意します。ご親戚
の節句に招待を頂いた時の手土産には、お子さんが喜びそうな
粽や柏餅以外のお菓子や一緒に遊べるおもちゃなどが喜ばれます。

双方のご祖父母様やご親戚、友達を招待した端午の節句パーテ
ィの食事メニューはあまり伝統にこだわり過ぎると画一的にな
ってボリュームに欠けてしまいます。

お赤飯や魚料理、伸びるという意味のタケノコといった端午の
節句にふさわしい物の他、ローストビーフや子どもの大好きな
ハンバーグで華やかに演出しましょう。


まとめ

5月晴れの空をのびのび泳ぐ鯉のぼりは、命にあふれる子ども
のようですね。日本に伝わる伝統行事である端午の節句を楽し
くお祝いしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑