瀬戸物祭り2017の日程と見所?購入のコツは?

公開日:  最終更新日:2018/03/02


瀬戸物祭りは、愛知県瀬戸市で開催されている焼き物のお祭り
です。今では陶磁器全般のことを瀬戸物と言いますが、それだ
け愛知県瀬戸市では昔か焼き物が盛んな街だったのです。

2017年の瀬戸物祭りの日程や見所、購入のコツなどを紹介しま
すので参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



祭り2017の日程と見所?

瀬戸物祭りは今年2017年でなんと86回目を迎える、とても長い
歴史のある焼き物の一大イベントです。焼き物のお祭りという
ことで、掘り出しもののお茶碗やコップなどのさまざまな食器
がお得に購入できるイベントをイメージしますね。

もちろんそういったイベントが中心にはなるのですが、縁日や
ご当地グルメなども楽しめるイベントなのです。気になる2017
年の日程ですが、9月9日の土曜日と20日の日曜日と2日間に渡
って開催されることになっていますよ。

開催時間は、9日土曜日は朝の9時から20時までで、10日日曜日
は9時から19時までとなっています。会場となるのは愛知県瀬
戸市栄町瀬戸川沿いです。土日開催とあって、例年たくさんの
人出で賑わいを見せていますよ。

瀬戸物祭りは先ほども紹介したように、食器をお得に購入でき
るだけでなくさまざまなイベントが用意されています。2日間
に渡ってさまざまな会場で各種イベントが開催されているので
すが、瀬戸物祭りのメインイベントとなるのが、せともの大廉
価市です。

さまざまな食器がお得に買えるチャンスですね。瀬戸物祭りで
出品されている瀬戸物は、どれでも通常価格よりもお得な価格
になっていますし交渉をしてさらに値切ることもできますよ。

せともの大廉価市にはおよそ200店もの瀬戸物屋さんがずらっ
と並んでいますよ。瀬戸物祭りでは、ご当地グルメも楽しみの
一つです。瀬戸焼そばや高浜とりめし、豊川いなり寿司といっ
た愛知県ならではのご当地B級グルメも瀬戸物祭りに集まって
います。

ご当地グルメだけでなく定番の縁日グルメも充実で、お祭り気
分を盛り上げてくれていますよ。瀬戸物を見て回って購入して
疲れたら、こちらのグルメで一休みしましょう。

さらに瀬戸物祭りではミスせとものの発表披露会や、自衛隊の
車両の展示や大道芸や太鼓の演舞などのステージパフォーマン
スも開催されていますよ。子供から大人まで楽しめる見所たっ
ぷりのお祭りとなっています。


購入のコツは?

瀬戸川沿いにおよそ200店もの瀬戸物屋さんが立ち並ぶ瀬戸物
祭りには、日本全国からお値打ち価格で食器を買おうとたくさ
んの人が集まっていますよ。瀬戸物祭りでは茶碗やお皿、コッ
プなどの日常食器から雑貨まで幅広い商品が並んでいることも
魅力です。

どれもお得なお値段ですからどれも欲しくなってしまうのです
が、よりお得に手に入れるための購入のコツもあるので覚えて
おいてくださいね。瀬戸物祭りのせともの大廉価市に出かける
なら初日の土曜日の午前中に行くのが良いと言われています。

やはり品揃えが最も充実しているのが土曜日の午前中です。
良い品、掘り出し物を見つけたい方は、初日一番に出かけてみ
ましょう。とにかく安く手に入れたい方は、反対に最終日とな
る日曜日の午後に行くのがおすすめです。

お店の方もたたき売りをする可能性大です。またせともの大廉
価市では、とにかく欲しい食器があれば交渉してみましょう。
通常であれば値切るのは恥ずかしかったりしますが、なんと言
っても大廉価市ですから、ここぞとばかりにまずは値切ってみ
ましょう。

交渉が上手くいけばさらに安くしてくれますよ。また良いと思
う品物があれば、すぐに買うのもポイントです。全国各地から
大勢の人が詰めかけているイベントですから、迷っていたらす
ぐに良いものは亡くなってしまいますよ。

そして大量に購入したい方は、キャスターつきのショッピング
キャリーがあるとかなり助かりますよ。購入したものを持って
歩くのは大変です。心おきなく購入するためには、ぜひ持って
いきたいアイテムです。


スポンサーリンク



瀬戸物の歴史は?

今では陶磁器全般のことを瀬戸物と呼んだりしますが、もとも
とは愛知県瀬戸市周辺で作られた焼き物のことを言います。
古くから瀬戸市では非常に焼き物の生産地として有名だったの
で、いつの間にか瀬戸市で作られた焼き物でなくても瀬戸物と
言われるようになったのですね。

日本の焼き物の総称のように用いられる瀬戸物ですが、瀬戸市
周辺で焼き物が作られ始めた歴史は非常に古くてなんと古墳時
代にまでさかのぼると言われています。

しかし、瀬戸の焼き物として他にはない特色が見られるように
なったのは鎌倉時代からと言われています。瀬戸の焼き物の特
徴としては、うわぐすりがかけてあることです。鎌倉時代にう
わぐすりをかけた焼き物を作っていたのは日本では瀬戸だけで
した。

粘土で作った食器をそのまま焼いたものは素焼きと呼ばれてい
ますが、うわぐすりをかけた食器は耐水性が増しより実用的な
食器として広まります。

本来の瀬戸物の焼き物は磁器も陶器もあり、旧来の陶器を本業
焼、磁器を新製焼と呼んで区別されています。例年50万人もの
人出となる瀬戸物祭りは、お買い物からご当地グルメ、ステー
ジまで見所満載のイベントですよ。


まとめ

良質な焼き物がお値打ち価格で購入できますから、ショッピン
グキャリーも用意して出かけてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑