札幌 雪まつり 日程は?歴史は?イベント?

公開日:  最終更新日:2018/02/20



北海道の冬の一大イベントと言えば札幌雪まつりですね。実際
に訪れたことがない人でも精巧な雪の彫刻をテレビで見たこと
があるでしょう。

日本国内はもちろん、世界中から観光客が訪れるという札幌雪
まつりの日程や歴史についてご紹介しましょう。


スポンサーリンク



札幌 雪まつり 日程は?

北海道の冬を代表する札幌雪まつりは、毎年国内外から250万
人以上もの観光客が訪れると言われていますよ。毎年2月上旬
という最も寒さの厳しい時期に開催される雪と氷の祭典で、雪
で作られた精巧な彫刻や氷で作られ氷像なども展示されています。

11月くらいから札幌雪まつりの宣伝用のポスターが配布される
ようになり、ボランティアの募集や市民雪像製作の募集もスタ
ートします。札幌雪まつりの詳しい開催日程ですが、会場が複
数あるので開催期間も会場ごとに違います。

2018年の札幌雪まつりの日程もすでに発表されていますよ。現
在は大通会場とすすきの会場とつどーむ会場の3つがあり、大通
会場とすすきの会場は2月5日の月曜日から12日の月曜日までです。
2月12日は祝日ですね。

この8日間、この2つの会場で札幌雪まつりが開催されます。つ
どーむ会場は2月1日木曜日から同じく12日月曜日までとなって
います。こちらは12日間開催されることになっています。つど
ーむ会場の方が少し早く始まるので覚えておいてくださいね。

札幌雪まつりの見どころはなんと言っても雪や氷で作られた像
ですね。昨年は大通会場で125基が、すすき会場では60基が、
つどーむ会場では22基と合計207基ものさまざまな雪氷像が作
られました。

昼間に見るのも良いですが、夜にライトアップされた雪氷像を
見るのも素敵ですよ。昼間とはまた違った幻想的な雪氷像を見
ることが出来るので昼と夜、どちらも見るのがおすすめです。

大通会場とすすきの会場では期間中、いつでも雪氷像を見るこ
とが出来ます。ライトアップですが、大通会場は22時までで、
すすきの会場は23時までとなっています。


札幌 雪まつり 歴史は?

札幌雪まつりは、札幌市と札幌観光協会の主催により1950年
に始めて開催されました。これより前にも札幌には冬のお祭り
がいくつかあったのですが、第二次世界大戦中にすべて途絶え
てしまっていたのです。

札幌雪まつりの名物となっている雪像を作るアイデアは、小樽
市にあった今は閉校となった小学校で行われていた雪まつりか
ら来ているそうです。1950年に地元の中学生と高校生たちが、
6つの雪像を大通公園に設置したのが札幌雪まつりの始まりです。

初めての開催にも関わらず、雪像展のほかにカーニバルや雪合
戦なども開催されて大盛況のうちに終わったそうですよ。初回
から予想を上回る人出で、それから札幌雪まつりは札幌の冬の
行事、風物詩として市民に愛され続けているのですね。

札幌雪まつりでは、とても雪で作られたようには思えない精巧
で巨大な雪像が多く作られます。1953年には15メートルもの高
さがある雪像が作られます。札幌雪まつりの代名詞とも言える
大雪像が、スタートからわずか3年後には作られていたのですね。

1955年には自衛隊も参加しての大規模な雪像作りが行われるよ
うになります。テレビや新聞で札幌雪まつりが初めて紹介され
たのは1959年です。雪像作りのために2500人もの人が動員され、
その札幌雪まつりの迫力のある雪像がテレビや新聞で全国的に
紹介されたのです。

反響は大きく次の年からは北海道だけでなく本州からの観光客
も増えていき、今では海外からの観光客も珍しくありません。
まさに日本が誇る雪まつりへと発展してきたのですね。


スポンサーリンク



札幌 雪まつり イベント?

札幌雪まつりでは3つの会場があり、期間中はさまざまなイベ
ントが催されていますよ。札幌雪まつりのメイン会場となるの
は大通会場です。1.5キロメートルもある大通公園には趣向を
凝らしたさまざまな雪像がいくつも並んでいます。

大通会場にある大雪像は札幌雪まつり一番の見どころですよ。
ほかに、市民が参加して作り上げた市民雪像コーナーや国際雪
像コンクールも開催されています。大雪像を利用したプロジェ
クションマッピングの上映もあるなど、楽しめるイベントが盛
りだくさんです。

これらのイベントをテレビ中継するための番組のスタジオも大
雪像で作られていますよ。各テレビ局の番組にゲスト出演する
有名タレントたちを見ることも出来ます。

昼間は一面白銀のファンタジックな世界が広がりますが、ライ
トアップされる夜にはロマンチックな世界が広がっています。
昼と夜、また違う世界が楽しめるのも魅力ですね。

メイン会場となる大通公園は札幌の都市部にありアクセスも便
利な場所にあります。すすきの会場は、氷の彫刻がメインとな
ります。ほかの会場とは違う独特の雰囲気を楽しめるのがすす
きの会場で、氷の中に閉じ込められた魚やカニなどのユニーク
な氷像が見どころです。

すすきのという北海道最大の歓楽街という立地です。氷像を楽
しんだら北海道ならではの美味しい料理やお酒も楽しみましょ
う。つどーむ会場は札幌雪まつりの第二会場です。

こちらは雪像の数は少なめですが、雪で作られたロングすべり
台やスノーラフティングなどここでしか楽しめない体験型のイ
ベントが盛りだくさんの会場ですよ。

子供はもちろん、大人でも十分楽しめる体験型イベントが中心
の会場です。ほかに、北海道の美味しいものや人気店が集まっ
た室内ブースも用意されています。


まとめ

札幌雪まつりには3つの会場があり、2月の上旬に毎年開催され
ていますよ。メイン会場となる大通公園周辺にはホテルもたく
さんあるので、防寒対策をしっかりして出かけてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑