山の日2017。制定の由来は?祝日になった理由と8月11日なぜ?

公開日:  最終更新日:2018/02/24


春分の日やこどもの日、敬老の日など1年の間にたくさんの祝
日がありますが、山の日が祝日として加わったことをご存知
でしょうか。

山の日と聞いてピンと来ない方も多いと思いますが、いった
いどのような理由で山の日が祝日となったのでしょう。会社
がお休みとなる日が増えて嬉しいですが、由来や意味もしっ
かりと知っておきたいですね。

山の日の由来やどうして8月11日なのかを調べてみましたの
で参考にしてください。


スポンサーリンク



・山の日って何?1017年の8月の祝日はいつから?

2016年から山の日が国民の祝日として加わることになりました。
山の日となったのは8月11日で、2017年の8月11日は金曜日と
なっています。

1月には成人の日があったり2月には建国記念日があたり、3
月は春分の日があるなど、毎月のように何かしらの祝日があ
ります。5月にはみどりの日や子どもの日、憲法記念日も重
なりゴールデンウィークがありますね。

翌6月と、そしてお盆がある8月にはこれまで国民の祝日があ
りませんでした。8月11日が山の日として定めることが成立
し、これで年間の祝日は16日となりました。

2005年に、昭和天皇の誕生日である4月29日が昭和の日とし
て定められたのですが、実に11年ぶりに新しく祝日の日が増
えました。お盆休みも近いとあって、連休も取りやすくなる
方が増えるのではないでしょうか。

経済効果も見込まれるのではないかと期待されています。


祝日になった理由と由来は?なぜ8月11日なの?

では、どうして山の日が出来たのでしょう。7月17日は海の日
ですが、これまでに海の日があるのにどうして山の日がない
のかという議論があったようです。

もともと2009年の秋に、日本山岳会が山の日制定プロジェク
トを立ち上げたのがきっかけです。翌年の2010年4月には、山
岳5団体が国民の祝日として山の日を新しく作ろうという取り
組みを始めたのです。

この5団体に加盟している会員の数は合計10万人ほどでした。
登山人口は1000万人とも言われていますから、決して組織会
員は多くはないのですが、それから各団体の幹事たちは2か月
に1回のペースで運動を進めてきます。

山の日を作ろうという運動は徐々に広がっていき、2012年の
10月3日には、5団体主催による山の日ネットワーク東京会議
を開催します。

そこでは6月の第一日曜日を山の日としてはどうかという提案
が出されてましたが、2013年の11月22日に、8月11日を山の日
にしてはどうかという意見でまとまります。

6月の第一日曜日は、日本各地で山開きが行われる日ですから、
当初はこの日が山の日に最適なのではないかという計画が進
んでいました。

しかし、ゴールデンウィークのある翌月とあって、これ以上
休日を増やすのは問題なのではないかという意見が経済界な
どから上がったのです。

それから6月11日の他に、海の日の翌日はどうか、お盆前はど
うか、日曜日を祝日としてはどうかなどの案が出されました。
さまざまな案が出た中で、お盆の時期に合わせた8月12日が山
の日に良いのではという案が一旦採用されます。

しかし8月12日は、日航ジャンボ機が群馬県の山に墜落した日
です。さすがにこの日を山の日にするのは問題があります。
それで前の日の8月11日で提案してはどうかという事になった
のです。

8月15日のお盆は、どんなに仕事が忙しい人でも帰省して、ふ
るさとの家族と一緒に過ごす人が多いでしょう。お盆休みに
地元の山に登り自然に触れて欲しい、ふるさとの良さを再認
識して欲しいという思いが、山の日に込められています。

祝日法の第二条では、山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感
謝する、ことを山の日の趣旨としています。海の日と同様に、
山に関しての特別な出来事など、これといった由来などがあ
って8月11日が山の日となったわけではありません。


スポンサーリンク



8月11日が国民の祝日に制定されたのはいつなの?

8月11日が国民の祝日と制定されたのは2014年です。自民党
や民主党、公明党などの9党が、共同で山の日を祝日にする
ようにと国会に改正案を提出し、同年の4月25日に衆議院本
会議で9党の賛成多数で可決されます。
さらにそれから参議院に改定案が送られて、同年5月23日に
参議院本会議で賛成多数で山の日の改正祝日法が可決、成
立しました。この改正案の成立により、2016年の8月11日か
ら毎年8月11日が国民の祝日として山の日が加わったのです。

山の日が祝日となって嬉しい人もたくさんいますが、山の
日に反対する声もたくさんありました。お盆も近いことか
ら、特定の時期に一斉にたくさんの人が休みを取り観光地
に詰めかけることで、より渋滞がひどくなるといった声が
ありました。

また料金も割高になるもののサービスの質が低下するなど
の声もありました。休みが集中することで、豊かさは阻害
されてしまうという意見があったのです。

しかし、有給休暇が取りにくい人にとって祝日はありがた
いものですし、お盆休みも長くなります。せっかく祝日が
増えたのですから、家族との時間や自然とふれあう時間を
増やすなどして有効に利用したいですね。

山の日は祝日になったことを知らない方も多いと思います
が、日本山岳会の熱心な取り組みから制定されたのですね。
子供たちはみんな夏休みなのであまり関係ないですが、お
父さんの休みが増えるので一緒に遊べる時間が多くなります。


まとめ

ふるさとに帰って自然に触れたりキャンプをしたりと、8
月11日を有効利用して夏だからこそできる体験を計画して
みてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑