しめ縄の飾り方は?意味は?由来は?

公開日:  最終更新日:2018/03/14

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る


各家庭の玄関などでしめ縄を見かけるようになるとお正月だな
と実感しますね。

子供の頃から年末になるとしめ縄が飾られるのが当たり前だっ
たので、その意味や由来について気にしたことがない人も多い
のではないでしょうか。


スポンサーリンク



しめ縄 飾り方は?

しめ縄に縁起物の飾りをつけたものがしめ飾りです。しめ飾り
もしめ縄も同じものだと思っている人も多いかと思いますが実
は違います。しめ縄やしめ飾りは、年神様を迎えるために飾ら
れるものです。

お正月に飾られるしめ縄やしめ飾りには実にさまざまな種類が
ありますね。地域や用途によって種類もいろいろあっ、飾る場
所もある程度決まっています。昔は正月行事を仕切る役割を担
う人がいて、年末にはしめ縄を張っていたそうですよ。

しかし現代では、玄関先や神棚などに小ぶりのしめ飾りを飾る
のが一般的ですね。飾る場所は、年神様をお迎えするのでから
玄関先や神棚になります。西日本で多く見られるのがごぼうの
ような形をしたしめ縄です。

ごぼう注連という名前で、神棚向きのしめ縄になります。神棚
に飾る際には紅白の紙垂れなどを付けます。普段用いられるし
め縄の縄は右ねじりになっているのですが、お正月用のしめ縄
は反対の左ねじりになっています。

古くから右側は俗、左側は神聖であるという考えがあるからで
す。東日本でよく見られるのは、太いしめ縄を和にしたものに
橙や裏白、海老や扇などさまざまな縁起物をつけたしめ飾りで
す。

これは玉飾りと言われていて玄関先に向いています。ほかに細
いしめ縄を輪にしたものに、譲り葉や紙垂れをつけた小さな輪
飾りと言われるしめ飾りもあります。これはキッチンやトイレ
などの水まわりや、門松とセットで飾られることが多いです。

最近では、わらを使ったしめ縄が使用されてないオシャレなし
め飾りも増えていますね。しかし本来のしめ縄の意味を考えれ
ば、昔ながらのわらを使ったしめ縄を飾るのがおすすめです。

玄関や神棚を中心に水まわりにも飾るしめ縄やしめ飾りですが、
飾る時期にも決まりがありますよ。12月13日が正月始めとされ
ており、この日からお正月準備がスタートする目安となります。

12月はクリスマスもあるので、どこの家庭でも25日以降にクリ
スマス飾りを外してからしめ縄を飾ることが多いですね。29日
は二重苦、苦を連想させるので縁起が悪い日とされていますか
ら28日までに飾るようにしましょう。


しめ縄の意味は?

しめ縄は、注連縄と漢字で書きます。これは神聖な場所を示す
ための印の役割があります。神様を祀るのにふさわしい神聖な
場所であることを、しめ縄を飾って示しているのですね。

また、しめ縄には不浄なものや災いをもたらすものが入り込ま
ないようにと結界を張る意味もあります。神社にはいつもこの
しめ縄が張り巡らされていますが、そのしめ縄に縁起物の飾り
をつけたしめ飾りを年末に飾って各家庭に年神様をお迎えする
のですね。

神社でしめ縄を張り巡らせるのと同じように、各家庭でも年神
様をお迎えするにふさわしい神聖な場所だと、しめ縄やしめ飾
りを飾ることで示しています。お正月という行事にはそもそも、
年神様をお迎えするための行事です。

年神様とは新しく始まったその1年、私たちを守ってくれる神
様のことで各家庭にもやってくると言われています。お正月に
年神様がやってきて、幸せや元気、パワーを与えてくれると信
じられており、神様と一緒におせち料理などを食べるのです。

大切な年神様がやってくるのですから、きちんと迎えするため
の準備をしなくてはいけません。しめ縄やしめ飾りには神聖な
場所である印の意味があり、年神様をお迎えするために玄関や
神棚に飾られるのですね。


スポンサーリンク



しめ縄の由来は?

しめ縄は、とても興味深い神話が由来になっていますよ。日本
人の総氏神であるとされる天照大神(あまてらすおおみかみ)
は、弟である須佐之雄命(すさのおのみこと)が悪さばかりを
することに腹を立てます。

腹を立てた天照大神は天の岩戸に隠れてしまいます。太陽の神
である天照大神が岩戸に隠れてしまったので、世の中が真っ暗
になってしまいます。八百万の神はこれに困ってしまいます。

困った八百万の神様たちは何とかして天照大神を岩戸から連れ
出そうと、岩戸の前で踊ったりお酒を飲んで大騒ぎをしたので
す。この騒ぎは何事かと思った天照大神は、そっと岩戸から様
子を伺おうと出てきた時に八百万の神様たちは岩戸を閉めます。

もう再び天照大神が岩戸に隠れないようにと、岩戸をしめ縄で
縛ったのですね。これは日本神話に登場する有名なお話で、こ
れがしめ縄の起源ですよ。日本では八百万の神という考えがあ
ります。自然のものには全て神様が宿っているという考えです。

しめ縄は神様が宿る場所に飾られるものなので、お正月だけで
なくいつも神社にも飾られていますし、巨木や海にある珍しい
岩や湧水地などにも飾られていますね。しめ縄やしめ飾りには、
このように深い意味があります。


まとめ

今年のお正月には年神様をお迎えするという本来の意味を思い
出して、わらのしめ縄を玄関や神棚に飾ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑