出産費用の自己負担額はいくら?医療費控除の対象にはならないの?

公開日: 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

これから出産を控えている人や妊娠を望んでいる人は、どのくらいの出
産費用がかかるのかが心配ではないでしょうか。

出産にかかる費用は分娩方法によって違うし、病院なのか助産院で出産
するのかによっても違ってきます。

ここでは出産費用の自己負担額について、また医療費控除の対象になる
のかなど活用できる制度についても紹介しますね。



出産費用の自己負担額はいくら?


出産時にはどのくらいの費用がかかるのかというお金の心配も出てくる
けど、どのくらい自己負担となるのか事前に知っておけば安心ですね。

出産費用は分娩方法やどこで出産するのかによって大きく違ってきます。

分娩方法には普通分娩と帝王切開、そして最近では無痛分娩を選択する
人も増えてきましたね。

普通分娩で出産した場合は健康保険の適用になると思っている人もいる
かも知れないけど、実は保険適用外で全額自己負担に。


同じ普通分娩で出産しても都道府県によって出産費用に大きな差があっ
て、やはり東京都が最も出産費用が高額で一番安いのが鳥取県という調
査結果もあります。

また、出産する医療機関によっては、出産前に分娩予約金が必要なとこ
ろもあるので注意しておきましょう。

妊婦健診に通っている産婦人科や病院で出産をするのが一般的だけど、
直前に病院を変えるケースもあるでしょう。

病院側としてはどのくらいの人が出産するのか出産人数の管理をしたい
ので、分娩予約金の支払いをお願いされることもあります。

医療機関によって額は違うけど数万円ほどで、もしも決められた期日ま
でに分娩予約金の支払いが出来なければそこの医療機関では出産できな
くなるということに。

中には出産費用を踏み倒す人もいるでしょうから、それを防止するため
の保証金のようなものが分娩予約金です。

予定通りそこで出産すれば、支払った分娩予約金は退院するときに出産
費用に充てられるので安心してくださいね。

手術が必要になる帝王切開は自己負担額も増えることに。

帝王切開の場合は手術が必要になるし他にも検査や投薬なども必要で、
入院期間も長くなるので普通分娩よりも費用が高くなります。

ただし帝王切開は健康保険が適用されるから、かかった出産費用の3割が
自己負担となります。

出産時の痛みが不安な人の中には、無痛分娩を選ぶ人も増えていますね。

無痛分娩では麻酔薬などが必要になり、こちらも健康保険の適用外なの
で普通分娩よりも費用が高くなります。

助産院で出産した場合は入院する日数によっても違うけど、普通分娩で
病院で出産するよりも自己負担は安くなることが多いでしょう。

入院費がかからない自宅出産ならかなり安く抑えることができます。



出産は医療費控除の対象にはならないの?


日本では1年間に支払った医療費が10万円以上になった場合、所得税の
計算時に控除が受けらる医療費控除という制度があります


妊娠から出産までいろいろな費用がかかるけど、医療費控除の対象とな
る費用もあるので知っておきましょう。

妊娠健診の受診料や病院に行くまでにかかる交通費も医療費控除の対象
で、入院費や入院中の食事代も対象に。

入院費は出産のときだけでなく切迫早産やつわりなどによる入院も対象
となります。

他に、分娩費や産後健診の費用も医療費控除の対象になります。

分娩費については普通分娩でも帝王切開や無痛分娩でも、分娩方法に関
係なくかかった分娩費用が対象です。

これらの出産に関わる費用と、それ以外にかかった医療費を全て合計し
てみましょう。

その金額から出産一時金などの保険給付金を差し引いてみて、残りが10
万円以上だった場合は医療費控除を受けることが。

妊娠出産時にはいろんな費用がかかるし、病院までが遠ければ妊婦健診
のたびに交通費もかさむし出産時にはタクシーを利用することもあるで
しょう。

それらも医療費控除の対象になるから、レシートや領収書などはきちん
と保管しておいてくださいね。

もしも分からないことがあれば、税務署などで相談に乗ってもらえるの
で問い合わせしてみましょう。



出産で活用できる制度はないの?


普通分娩でも帝王切開でも、出産は公的な健康保険の適用外になるので
基本的には全額自己負担に。


かなり大きな負担になるので、とても2人も3人も産めないと不安になる
でしょう。

でも、出産一時金という出産費用の負担をかなり軽減してくれる制度が
あるので安心してくださいね。

出産一時金の支給額は誰でも同じで、出産にかかる費用をかなりカバー
できる額が支給されるので自己負担をかなり抑えることができますよ。

出産一時金は、妊娠12週以降の出産であれば流産や死産、早産や帝王切
開でも支給対象に。

また双子であれば2人分、三つ子なら3人分と子供の人数ごとに支給され
るのでかなり負担が軽減されるでしょう。

帝王切開で出産した場合は健康保険適用となるので3割が自己負担とな
るけど、それでも自己負担額が高額になることも。

その場合は、高額療養費制度を活用することができます。

医療費の自己負担額が一定金額を超えた場合に医療費を払い戻してもら
えるというのが高額療養費制度で、この制度は普通分娩では利用できま
せん。

この高額療養費制度が活用できる医療費の自己負担額はみんなが一律で
はなくて年齢や年収によって決められています。

帝王切開の可能性がある人は、高額療養費制度が活用できるのか厚生労
働省のホームページなどで確認できるので事前にチェックしておくと良
いでしょう。

まとめ


普通分娩でも帝王切開や無痛分娩でも高額な出産費用がかかるけど、出
産一時金制度でかなりカバーできるので安心してくださいね。

他にも医療費控除や帝王切開なら高額療養費制度など活用できる制度が
あるので、自分はどのくらいの自己負担額になるのか大まかにでも計算
しておきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑