妊婦の足がつる(こむらがえり)原因?応急処置方法?予防方法?

公開日: 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

お腹がどんどん大きくなるなどこれまでにない身体の変化が起こる妊娠
中だけど、足がつる経験をする妊婦さんも多いです。

これまで足をつる経験がなかった人でも妊娠中には度々足がつったとい
う人も。

こむらがえりとも言われているけど、妊婦さんはどうして足がつりやす
いのか原因や応急処置の方法について解説しますね。



妊婦の足がつる(こむらがえり)原因?


妊娠してから足がつったという妊婦さんも多いはず。

よくあるのが夜中や明け方などの足のつりで、突然の激痛にびっくりし
て起きてしまった人もいるでしょう。

どのように対処すれば良いのか分からず困ってしまったという人や、筋
肉痛のような痛みが残ってしまう人も。

足がつるというのは足の筋肉に通常よりも負荷がかかり極端に収縮した
状態で硬直してしまった症状
のことで、主にふくらはぎで起こります。

主にふくらはぎにある腓腹筋(ひふくきん)と言われる筋肉で起こるの
で、こむら(腓)がえりとも呼ばれています。

筋肉が極端に収縮し硬直してしまうので激しい痛みがが起こるのだけど、
どうして妊婦さんに足がつる人が多いのでしょう。

それは大きく3つの原因が考えられます。
まず考えられるのが血行不良です。

妊娠中はどういても運動量が少なくなり、さらにお腹も大きくなるので
下半身に負荷がかかり血流が悪くなりやすいです。

運動不足とお腹が大きくなることによる負荷で血行不良になると、身体
の冷えが起こります。

身体が冷えると足の筋肉も硬くなりやすく収縮を起こしやすくなるので
足がつってしまうのです。

もともと冷え性の人は特に妊娠すると足がつりやすくなるので要注意で
すね。

妊娠による体型の変化も関係しています。

妊娠後期になればお腹の赤ちゃんもかなり大きくなるのでママのお腹も
大きくなり、それに伴って骨盤はゆるんで広がっていきます。

また、お腹が大きく重くなるとそれを支えようと自然と歩き方なども変
化してくるので、その影響でゆるんだ骨盤がゆがみやすくなります。

上半身と下半身をつないでいる骨盤がゆがみ、さらに腹筋や背筋などに
も負荷がかかった状態が続くので、足の筋肉にも影響が出てきてつりや
すくなると言われています。

もう一つ、ミネラル不足も関係していると言われています。

血液中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが不足した状態が続
くと筋肉や神経にも影響してきます。

筋肉や神経が興奮しやすい状態になり異常収縮を起こすことがあり、こ
れが足がつるという現象に。

妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんに栄養素がたくさん送られているので、
バランスの良い食事を心がけていないとミネラル不足になり足がつりや
すくなってしまいます。

お腹が大きくなることがかなり影響しているので、やはり妊娠後期に足
のつりを経験する人が多いです。



妊婦の足がつる(こむらがえり)応急処置方法?


運動中にも足がつりやすいけど、妊娠中には寝ているときなどリラック
スしているときに足がつりやすいので要注意です。

横になっていても妊娠中にはお腹の重みで臓器が圧迫されて血行不良に
なりやすく、筋肉も硬くなっていて足をつりやすい状態に。

起きてすぐには自然と伸びをすることもあるので、このときに緩んでい
たふくらはぎが急に収縮してこむらがえりを起こすこともあります。

突然足がつってしまったら、誰でも慌ててしまうもの。

あまりの激痛にしばらく動けなくなる人も多いけど、応急処置の仕方を
知っておけば安心ですね。

足がつると痙攣が起こるけど、痙攣がひどいようならしばらくひざを伸
ばした状態でつま先は上に向けてじっとそのままでいましょう。

痙攣が落ち着いてきたらストレッチをするのがオススメです。

先ほども説明したようにこむらがえりは腓腹筋が急激に収縮している状
態なので、これを反対に伸ばしてあげるストレッチをするのが効果的。

つま先をつかんで脛の方に向かって引き上げると腓腹筋を伸ばすことが
できます。

引き上げた状態をそのまま10秒ほどキープするというストレッチを痛み
が軽減していくまでゆっくりと続けてみましょう。

お腹が大きくてつま先が自分の手でつかめないようならタオルを使うの
もオススメで、タオルを足の裏にかけて伸ばすと無理なく腓腹筋が伸ば
せます。

痛みがあるので無理をしないでゆっくりと行うのがポイントです。

このストレッチだけでなく、ふくらはぎのマッサージをしたり足首をク
ルクル回して血行を良くするのもオススメです。



妊婦の足がつる(こむらがえり)予防方法?


妊娠後期になると何度も夜中や明け方にこむらがえりになる人も。

それで寝不足になったりと大きなストレスとなるので、足がつらないよ
うに予防しておきたいですね。

まずは血行不良を予防するために、ウォーキングやストレッチなどの軽
めの運動を行うのが良いでしょう。


お腹が大きくなるとどうしても運動不足になりがちだけど、安産のため
にも毎日身体を適度に動かすことは大切です。

ゆっくりとお散歩をしたり、湯舟につかってふくらはぎなどのマッサー
ジをするのもオススメ。

骨盤ベルトで骨盤のゆがみを予防するのもオススメで、妊娠中から使え
る骨盤ベルトがあるので一つあれば産後の骨盤ケアにも役立ちます。

ただ骨盤ベルトは正しい位置につけないと効果がないので、かかりつけ
の医師や助産師さんにつけ方をしっかり習ってくださいね。

食生活にも注意しましょう。

ミネラル不足を改善するには海藻類や魚介類、野菜なども意識したバラ
ンスの良い食事を心がけることが大切です。

まとめ


妊娠すると血行不良や骨盤のゆがみ、ミネラル不足などが原因で足がつ
りやすくなります。

夜寝ているときや朝起きてすぐに足がつりやすく突然の激痛にびっくり
してしまうけど、慌てないでゆっくりとストレッチをしていけば痛みは
やがて収まります。

適度な運動や骨盤ベルト、バランスのよい食事でこむらがえりは防げる
ので実践してみてくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑