結婚指輪の意味と由来?どの指にはめるの?

公開日: 


芸能人などが結婚したら、まず取り上げられる話題が結婚指輪ですね。

どこのブランドの結婚指輪なのか、値段はいくらするのかなどが世間の
注目を集めるわけですが、そもそも日本でもすっかり定着したこの結婚
指輪にはどんな意味や由来があるのでしょう。

スポンサーリンク



結婚指輪の意味?


結婚指輪はマリッジリングとも呼ばれていますが、これは普通のファッ
ションのための指輪とは違って大きな意味合いのある指輪です。

結婚の証として男女が身に着けるペアリングのことで、永遠を誓った二
人がひとつの未来へ歩むという約束の証。

ふたりの永遠の愛の誓いの証であるのが結婚指輪ですが、それと同時に
周囲に結婚していることを知らせるための印としての意味合いもありま
す。

結婚の証としてどうして指輪をするのかと言えば、この丸い形が永遠に
途切れることのない愛情を象徴しているから。

日本だけでなく世界中で結婚指輪が愛の証として用いられているのです
が、円というのは終わりがなく切れ目もありませんね。

終わりも切れ目もない輪の形は永遠を表すのには最適なアイテムで、他
に満ち欠けをする月や繰り返す四季を表しているとも言われています。

運命により出会った二人が愛を育み、その愛がずっと永遠に変わること
がないようにという願いを込めて結婚指輪を交換します。

そして結婚してからも、指輪を身につけていることでずっとお互いの存
在を思い出し、出会った頃の初心を思い出させてくれるというアイテム
となるのです。

結婚式のときに新郎新婦が指輪を交換して、夫婦として同じ道を歩んで
いくという誓いを指輪という形で表しているのです。

また結婚指輪は基本的には常に身につけたままですから、そうすること
でお互いが相手の存在をいつも強く感じることができますね。

結婚指輪は永遠の愛の証であり、常に身につけることで夫婦の絆を深め
て永遠に二人の愛が続くようにという祈りが込められているのです。

基本的に毎日つけたままになる結婚指輪ですからデザインはシンプルな
ものが好まれるのが特徴で、1本あたり10万円ほどが相場と言われてい
ます。

洗い物や洗濯、掃除など日常生活ではさまざまな用事がありますが、そ
んな時にも邪魔にならないシンプルなデザインで素材は変質しにくいプ
ラチナやゴールドが人気。

また、ブランドやデザインによってもそれぞれいろんな意味が秘められ
るので、それを調べて二人のエピソードにぴったりの結婚指輪を見つけ
るのも楽しみの一つです。

最近ではさまざまなオプションサービスを用意しているブランドも多く
あり、結婚指輪の内側にふたりのイニシャルや日付を刻印してくれたり
誕生石をつけてくれるサービスもありますね。

結婚指輪の由来?


今やすっかり日本でも当たり前になっている結婚指輪だけど、結婚した
二人がペアリングを身につけるという風習は欧米から伝わったものです。

結婚指輪の由来は諸説あるのですが、古代ローマ時代である9世紀に始
まった習慣というのが有力。

当時のローマでは、約束事をするときに誓約の証として鉄の輪が用いら
れてたのですが、それをローマ教皇が結婚の誓いとしても使い始めたの
が結婚指輪の由来であると言われています。

結婚指輪の風習が日本に伝えられたのは明治時代と言われていますが、
しばらくの間は定着しなかったそう。

しかし第二次世界大戦後になると日本ではそれまでとは生活様式も大き
く変化し西洋化してくると、それと同時に結婚式も欧米風が広まってい
きます。

そのくらいから結婚指輪も日本中に広まっていったと言われていて、昭
和40年代には日本でも結婚指輪がすっかり定着。

皆さんご存知のように現在ではキリスト教式の結婚式だけでなく、神前
式や人前式の場合でも二人で指輪の交換をするのが定番となっています
ね。

スポンサーリンク



結婚指輪はどの指にはめるの?


結婚指輪と言えば左手の薬指にはめるのが一般的ですが、どうして左手
の薬指なの?と思ったことはないでしょうか。

この理由はギリシャの神話から来ているそうで、古代ギリシャでは心臓
は人の感情をつかさどる場所であるとされていて、左手の薬指には心臓
につながる血管があるとされていたのです。

左手の薬指にはさらに、不思議な魔力があり病気やケガを治すこともで
きると信じられてきたのです。

つまり左手の薬指にペアリングをはめることでお互いのハートをつかみ
結婚の誓いをいつまでも忘れないよう、相手への愛情をより強いものに
しようとする意味があるのです。

このように古くから左手の薬指は神聖な場所であるとされてきたので、
結婚指輪は左手の薬指にはめるのが日本や海外でも一般的に。

しかし中には他の指にはめる国もあります。

北欧やドイツなどでは右の薬指に結婚指輪をはめますし、東南アジアや
インドでは足の指につけるのが習慣となっています。

日本では左手の薬指というのが常識となっていますがこれには先ほど紹
介した神聖な意味合いと同時に、右利きの人にとってはあまり使わない
指なので指輪が傷つきにくかったり紛失のリスクが少ないという理由も
あるみたいです。

まとめ


知っているようで知らない結婚指輪の意味や由来について紹介しました。

永遠の愛の証である結婚指輪はお互いのハートをつかむ左手の薬指にし
て、いつも相手のことを思い、愛を確かめるというようなロマンチック
な意味があるのですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑