乾燥肌 原因?乾燥肌 対策?

公開日:  最終更新日:2018/03/05

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る


冬場は空気が乾燥するので誰でもある程度は肌が乾燥しますが、
1年を通して乾燥肌が気になるなら毎日のスキンケアが間違っ
ているのかも知れません。

乾燥肌はあらゆる肌トラブルの原因となるので、早めに解決す
ることが大切です。


スポンサーリンク



乾燥肌 原因?

肌にはもともと乾燥を防いだり、外部からの紫外線やアレルゲ
ンなどの侵入を防ぐための機能がありますよ。正しいスキンケ
アができていれば、乾燥肌で悩まされることもないはずです。

乾燥肌の原因を知るためには、まず肌の構造や仕組みを知って
おくと良いですね。肌表面には皮脂膜があり、その下が角質層
です。皮脂膜は、毛穴から分泌される皮脂や汗腺から分泌され
る汗が混ざった天然の保湿クリームで、肌の水分蒸発を防でく
れていますよ。

皮脂膜はなめらかな肌を保つために必要ですから過剰に取り過
ぎるのはNGなのです。肌の水分を保つのに大切な皮脂膜ですが、
より重要なのが角質層です。角質層は、天然保湿因子やセラミ
ドなどの細胞間脂質で構成されていますよ。

天然保湿因子は水分を保ちお肌の弾力や柔軟性を保つ働きがあ
ります。セラミドなどの細胞間脂質は角質細胞間を埋めている
もので、水分の蒸発を防いだり外部からの刺激物の侵入を防い
でくれています。

天然保湿因子や細胞間脂質で構成された角質層の素晴らしい保
湿機能で守られている肌は、本来乾燥するはずがないのです。
しかし、間違ったスキンケアが問題となります。さまざまな種
類の化粧品があり入念にスキンケアを行う女性も多いですが、
間違ったスキンケアを続けて乾燥肌に陥いる人も多いのです。

実際に皮膚科を受診する人の多くが、間違ったスキンケアで乾
燥肌などのトラブルを起こしていると言われていますよ。皮膚
表面の皮脂膜は、大切な保湿クリームの役割があるのに過剰に
洗浄してしまう人が多いですね。

過剰に分泌される皮脂は確かにニキビなどの原因になりますが、
過剰に洗浄すると皮脂膜が破壊されてしまいます。そうなると
角質層に存在する天然保湿因子や細胞間脂質にまでダメージが
加わって、深刻な乾燥肌を招いてしまうのですね。

また、無理なダイエットやバランスの悪い乱れた食生活も乾燥
肌の原因となります。睡眠不足やストレスなども角質層の保湿
機能を低下させる原因となっていますよ。


乾燥肌 対策?

乾燥肌の対策ではまず洗顔やクレンジングを見直すことが大切
ですね。洗浄力の高い洗顔料やクレンジング剤で洗顔すれば、
肌を守っている皮脂膜や天然保湿因子、細胞間脂質が少なから
ず洗い流されてしまいます。

クレンジングは特に強力なので注意が必要です。クレンジング
は出来るだけこすらずに短時間で落とすことが大切です。メイ
クはしっかり落とすことが大切ですが、肌へのダメージは最小
限に抑えることも大切です。

クレンジング剤選びは注意して、マスカラなどの濃いメイクと
ファンデーションとではクレンジング剤を使い分けるのもおす
すめです。乾燥が悪化している場合には、洗顔だけでも落とせ
るメイクを使うなど工夫してみましょう。

また洗顔は夜だけにするのもおすすめですよ。クレンジングや
洗顔によって洗い流された天然の保湿成分も、寝ている間に修
復されると言われています。しかし、朝にまた洗顔料でしっか
り洗顔していると、またセラミドなどが洗い流され乾燥肌が進
んでしまいます。

朝は水かぬるま湯ですすぐだけでも十分に汚れは落ちますよ。
乾燥肌対策では、良質な睡眠を取ることも大切です。睡眠不足
は美肌の大敵で、良質な睡眠を取ることは美肌の基本となりま
すね。

22時から深夜2時までは肌のゴールデンタイムと言われていま
すから、夜更かしが続くようではいけません。寝る前には、ス
マホやテレビを見るのは控えて、お風呂などにゆっくりつかっ
て寝る準備をするとスムーズに眠れますよ。

お肌を作っているのは食べ物なので、バランスの良い食事も心
がけたいですね。ビタミン豊富な果物や野菜、良質なたんぱく
質を豊富に含むお肉や魚もバランスよく食べることが大切です。


スポンサーリンク



乾燥肌 かゆみ解消法?

乾燥肌が悪化すれば、かゆみも出てきてとても辛いですね。か
ゆいからと掻きむしっていると、さらに悪化してしまうので注
意が必要です。乾燥肌の痒みを悪化させるのが熱いお風呂です。

代謝を高め身体をぽかぽかに温めてくれるお風呂は、確かにお
肌には良いのですが、熱めのお風呂に浸かれば天然の保湿成分
はどんどん流れ出します。お風呂は低めの温度にして石鹸も低
刺激性のものを選びましょう。

お風呂上りはすぐに化粧水や保湿クリームで保湿ケアをするこ
とも大切です。痒みが我慢できないようなら、抗ヒスタミン剤
を利用するのもおすすめですよ。脂肪細胞から分泌されるヒス
タミンが、痒みに関係していると言われています。

痒いからかいていると、さらに神経が刺激されてヒスタミンの
分泌が促進されてしまいます。抗ヒスタミン剤は副作用も少な
く効き目も穏やかなのでおすすめです。乾燥肌は、間違ったス
キンケアによって誰でも起こる可能性がありますよ。


まとめ

クレンジングや洗顔を正しく行うことや、良質な睡眠が美肌の
カギを握っているので心がけて下さいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑