顔のシミを消す方法?顔のシミ原因?

公開日:  最終更新日:2018/03/05

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る


年齢を重ねるとさまざまな肌トラブルが起こってきますが、顔
のシミもその一つですね。鏡を見るたびに増えていくシミを見
て、大きなため息をついている人も多いのではないでしょうか。

ここでは顔のシミを消す方法やシミが出来る原因、さらにシミ
の種類についてご紹介します。




顔のシミを消す方法?

顔のシミを消す方法はいろいろとありますよ。あまりお金はか
けたくない人におすすめなのが、ヨーグルトやハチミツを使っ
たシミ取り方法です。

コンビニやスーパーなどの身近なお店で購入できる無糖のヨー
グルトを用意しましょう。これをシミがある場所に塗るだけで
す。ヨーグルトを適量塗ったら20分から30分ほど放置して、あ
とはキレイに洗いがなすだけです。

ヨーグルトには肌のターンオーバーを促してくれるフルーツ酸
が含まれていますから、これがシミを取るのをサポートしてく
れますよ。ハチミツパックもおすすめです。ハチミツには保湿
作用や殺菌作用、消炎作用がありますから、ハチミツが入った
化粧品もありますね。

ビタミンCやビタミンBも含まれているので美白作用も期待でき
ますよ。ヨーグルトと同様に、シミの部分に適量ハチミツを塗
ったらしばらく放置しておき、あとはキレイに洗い流せばオッ
ケーです。

稀にアレルギー症状が出ることもあるので、肌の弱い人は事前
に腕などの目立たないところでパッチテストをしておけば安心
です。身近な食品でもシミにアプローチできますが、シミへの
効果が期待できるスキンケア化粧品を利用する方法もありますね。

シミへの効果を謳うホワイトニング化粧品はいろいろとありま
すね。美容クリニックほどの即効性は期待できないものの、毎
日のスキンケアで少しずつシミにアプローチできるのが魅力です。

ホワイトニング成分の中には副作用の恐れがある成分もありま
すから、これも事前にパッチテストをして用量や用法を守って
使うことが大切ですね。より高い効果や即効性を求めるなら美
容クリニックのレーザー治療や内服薬、美容点滴、フォトフェ
イシャルがおすすめです。

黒い色素に反応するレーザー治療は肌の深い真皮まで届き、シ
ミやアザ、そばかすなどに強力にアプローチしてくれます。薄
いシミなら1回の施術で治療が終わるのが魅力です。

美容クリニックでは、メラニンの生成を抑制してシミを防ぐ効
果に優れたトラネキサム酸や、美白効果の高いシナールなどの
お薬を処方してもらえます。美容クリニックでの治療やお薬は
値段も高いですし通院の手間もかかりますが、それだけ満足度
も高いですからおすすめです。


顔のシミ原因?

顔にシミが出来る主な原因は、加齢による肌老化や紫外線によ
る日焼けが挙げられます。そのほかにストレスやホルモンバラ
ンスの乱れ、摩擦などの物理的な刺激などもシミの原因となっ
ています。

これらがシミの原因となっているのですが、シミが出来るメカ
ニズムをご紹介します。紫外線に当たると皮膚を守るために、
表皮の一番下にある基底層のメラノサイトと呼ばれる細胞でメ
ラニン色素が生成されます。

このメラニン色素が表皮で傘のような役割をしてくれます。メ
ラニン色素の働きで真皮にまで紫外線が届くのを防ぐことが出
来ているのです。紫外線から守るために生成されたメラニン色
素によって一時的に日焼けして肌が黒くなりますが、肌のター
ンオーバーによって自然と排出されていきます。

ただ、大量の紫外線を浴びた時にはそれだけ多くのメラニン色
素が生成されるので、肌のターンオーバーでは排出しきれない
ものが出てきます。これがシミとなって残ってしまうのです。

年齢を重ねるとシミが出来やすくなるのは、肌の新陣代謝であ
るターンオーバーがゆっくりになるからです。ストレスやホル
モンバランスの乱れはターンオーバーの乱れにもつながるので
シミも発生しやすくなります。

摩擦による刺激でも、メラニン色素が生成されシミの原因とな
ります。




顔のシミの種類?

実は顔のシミはいくつかの種類があります。それぞれの種類に
よって原因や形、出来る場所なども違います。私たちが通常シ
ミと呼んでいるのは老人性色素斑です。顔のシミの中で最も多
いのが老人性色素斑で、紫外線が原因で発生します。

加齢によってターンオーバーが衰えることも原因となっています。
頬の高いところや額、こめかみに発生しやすく、数ミリから数
センチほどの平坦な丸いシミが出来ます。鼻の下や頬骨、額な
どに左右対称にできるシミは、肝斑と呼ばれています。

30代から40代の女性に多く見られるシミで、女性ホルモンが関
係していると言われています。閉経と同時に消えていきます。
遺伝が関係しているのがそばかすです。小学校くらいから発生
するそばかすは、紫外線の影響で濃くなることもあります。

シミの角化が進むと脂漏性角化症というシミになります。イボ
状に盛り上がったシミで、この状態にまで進行すると美白コス
メなどでは効き目がありません。レーザーで薄くしていく治療
が必要になります。


まとめ

一口にシミと言ってもさまざまな種類があり、原因も紫外線や
老化、ホルモンバランスなどが関係しています。一度出来ると
消すのが大変なシミですから、基本となる紫外線対策はきちん
と行っておきたいですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑