顔粉吹き 原因?顔保湿はどうするの?

公開日:  最終更新日:2018/03/05

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る


秋から冬にかけては空気もグンと乾燥するので、顔の粉吹きが
気になってくる人も多いかと思います。化粧ノリも悪くなり、
鏡を見るたびにテンションも下がってしまいますね。

ここでは顔の粉吹きの原因や、おすすめの保湿方法などをご紹
介しますので参考にしてください。




顔粉吹き 原因?

乾燥肌が悪化すれば、白っぽく粉を吹いた状態になりますね。
この白い粉は、皮膚が乾燥して粉状態になってしまった角質層
で、さらに悪化すれば皮膚がひび割れてしまうこともあります。
顔が粉を吹いた状態になるのはどうしてなのでしょう。

肌が乾燥してくると皮膚内部の角質層が乱れてしまい、水分が
蒸発しやすくなります。さらに、紫外線や細菌などの外部から
の有害物質も入りやすくなります。

角質層は皮膚を守る大切なバリア機能としての役割があります
が、ここがダメージを受けると皮膚に亀裂が入るようになりま
す。乾燥した角質により粉吹き肌になってしまうのですね。


このようにバリア機能が低下してしまい、顔が粉吹き状態にな
るほどに乾燥してしまうのはいくつかの原因が考えられます。
まず過剰な洗顔です。女性はクレンジングと洗顔と、ダブル洗
顔が必要なのでそれだけダメージも大きくなります。

皮膚が薄くてデリケートな肌を洗浄力の高いクレンジングや洗
顔料でゴシゴシと洗っていたのでは、必要な皮脂までも洗い流
してしまいます。バリア機能も少しずつ破壊されていきます。
血行不良もバリア機能の低下につながります。

顔でも血行が悪くなると細胞に十分な栄養分や酸素が届けられ
なくなります。そうなると細胞の働きが低下して、乾燥しやす
い肌になります。冬場は空気が乾燥すると同時に気温も低くな
ります。

顔は常に外気にさらされているので、冷えも起こりやすいです。
冷えにより血行不良になれば細胞の働きが低下してバリア機能
も弱くなってきます。その結果。皮膚がカサカサの粉吹き状態
となるのですね。栄養不足も問題ですよ。

私たちの皮膚は常にターンオーバーの働きで古い角質が剥がれ
落ちて、新しい細胞が生まれ変わっています。バランスの悪い
食生活を続けていると、新しく生まれてくる細胞のために必要
な栄養素が不足してしまいますね。

他に、加齢によるターンオーバーの低下や天然保湿因子などの
減少、エアコンなどによる室内の空気の乾燥なども関係してい
ますよ。




顔保湿の方法?

顔の粉吹きを改善するためには、なんと言っても保湿ケアが何
よりも大切です。洗顔後の肌は特に乾燥しやすい状態なので、
素早く化粧水などのスキンケア化粧品で保湿をしていきましょう。

化粧品にはさまざまなアイテムがありますが、粉吹き状態にま
で悪化した肌は、良質な保湿成分が配合された基礎化粧品を選
ぶのがおすすめですよ。

肌にうるおいを与える保湿成分には、セラミドやコラーゲン、
ヒアルロン酸などがありますが、最も優秀なのはセラミドです。
また化粧水から美容液、乳液、クリームと段階を踏んで保湿を
していくことも大切です。

まずは化粧水で、乾燥した細胞に水分補給をしましょう。その
後は美容成分が配合された美容液を使いますが、ここは省いて
も大丈夫です。乳液とクリームは油分が入ったアイテムで、化
粧水や美容液で補給した水分や美容成分を閉じ込める役割があ
ります。

乳液はクリームよりも油分が少ないアイテムです。粉が吹くほ
どに乾燥している肌には、よりしっとりしたクリームの方がお
すすめです。まず、洗顔後にたっぷりの化粧水を手にとって顔
全体にゆっくりとなじませましょう。

パッティングは肌への刺激となるのでおすすめしません。その
後に美容液からクリームへと進みます。化粧水やクリームなど
を適量手に取ったら、両手のひらを合わせて少し温めておくと
馴染みが良くなりますよ。


顔粉吹き スキンケア?

保湿ケアの方法をご紹介しましたが、顔の粉吹きを改善するに
は、洗顔も含めたスキンケアを正しく行うことが何より大切で
す。顔から粉が吹いているので、まずは肌を清潔にすることが
大切ですね。

保湿ケアの前に、まずはメイクや皮脂汚れ、ほこりなどもキレ
イに洗い流しておくことが大切です。ただ先ほども説明したよ
うに、過剰なクレンジングや洗顔が顔の粉吹きの原因になって
います。

メイクや汚れはきちんと落としながらも、肌の潤いは逃さない
ようにすることが大切です。そのためには使用するクレンジン
グ剤や洗顔料の選び方や、洗い方が重要なポイントになってき
ますよ。

ゴシゴシしなくてもメイクが落とせて保湿成分なども配合され
たクレンジングがおすすめですね。洗顔料も低刺激性のものを
選び、出来れば朝は水洗顔だけで済ませるのがおすすめです。

ゴシゴシ洗いも肌への負担が大きいですから、ネットでしっか
り泡立ててから泡で優しく洗うようにしましょう。すすぎ残し
がないようにしっかりとすすぐことも忘れないで下さいね。

肌への負担を極力避けながら清潔な肌にしたら、素早く保湿ケ
アをするという一連のスキンケアを毎日続けてみましょう。
少しずつですが、粉が吹いていた肌もしっとりと落ち着いてく
るはずです。


まとめ

顔が粉を吹いてしまうのは間違ったスキンケアや、冷えなどが
原因となっていますよ。まずはスキンケアを見直して肌へのダ
メージをなくし、たっぷり保湿してあげて下さいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑