肌荒れの原因は?治す方法は?

公開日:  最終更新日:2018/03/02


肌がカサカサする、赤みが出る、痒くなる、ピリピリするなど
肌荒れと一口に言ってもさまざまな症状がありますね。
肌のコンディションは女性にとって大きな問題となりますが、
どうしてこのような肌荒れになるのでしょう。

肌荒れの原因や治す方法について詳しくご紹介しましょう。


スポンサーリンク



肌荒れの原因は?

肌荒れの原因は実にさまざまです。加齢によるものから生活習
慣によるもの、間違ったお手入れによるものや環境によるもの、
アレルギーが原因だったり、栄養不足によるものもあります。
年齢を重ねるとやはり肌荒れが起こりやすくなります。

年齢とともにコラーゲンや皮脂、細胞間脂質や天然保湿因子な
どの健康な美しい肌を構成するために欠かせない成分が減少し
ていくからです。

また女性ホルモンのエストロゲンも減少するので、皮膚が薄く
なる菲薄化(ひはくか)という現象も起こります。
表皮が薄くなるので肌のバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すれば、外部からの刺激にも弱くなり肌荒れ
が起こりやすくなるのですね。冷えや血行不良、睡眠不足、便
秘や過労、ストレス、たばこなどの生活習慣による肌荒れもあ
りますね。

皮膚の温度が下がる肌冷えは、ストレスなどで起こります。
表皮が冷えることでもバリア機能が低下します。外部からの刺
激に弱くなり肌荒れになると同時に、血行が悪くなるので肌が
くすみやすくなります。

睡眠不足も肌のバリア機能の低下につながりますし、便秘が続
けば腸内環境の悪化で有害物質が血液により全身を巡り肌荒れ
につながりますよ。過度のストレスは体内の活性酸素を増やし、
ホルモン分泌も乱すので肌荒れにつながります。

過剰な洗顔などの間違ったお手入れを続けるのも問題ですね。
洗顔のしすぎで細胞間脂質や必要な皮脂までもが流されてしま
うので、バリア機能が低下して肌荒れになります。
化粧品に配合された成分が肌に合っていないこともありますね。

冷房や暖房の効いた部屋に長時間いたり、紫外線対策をしない
などの環境による肌荒れもあります。
さらに花粉症やアレルギーでも肌荒れになります。ミネラルや
ビタミンなどの栄養不足によっても肌荒れが起こりますよ。


肌荒れを治す方法は?

このように肌荒れの原因は実にさまざまなので、その原因を解
消していくことが大切ですね。さまざまな原因があるものの、
肌荒れを治すためには正しいスキンケアを行うのが基本となる
でしょう。

過剰な洗顔は肌荒れの要因ですから、クレンジングや洗顔は特
に注意が必要ですね。クレンジング力が強いオイルタイプや肌
にやさしいクリームタイプがありますが、肌荒れの時には肌に
やさしいクリームタイプがおすすめです。

ポイントメイクは専用のクレンジングを部分使いして、他の部
分はクリームタイプを使うと肌負担が少なくなりますね。洗顔
はしっかりと泡立ててから肌をやさしく洗い、しっかりとすす
ぐことがポイントです。

洗顔後には化粧水や乳液、美容液で肌の保湿ケアもきちんと行
いましょう。スキンケア化粧品に含まれた成分で肌荒れが悪化
することもあるので、肌にやさしい成分で作られたものを選ぶ
ことも大切ですね。

定期的に化粧水や美容液がたっぷりと含まれたパックをするの
もおすすめですよ。水分や栄養分をたっぷりと補給して血行を
促し、肌の代謝をアップさせることができますよ。
肌荒れを治すためには、紫外線対策も欠かせませんね。

紫外線は日焼けの原因になるだけでなく、肌に大きなダメージ
を与えて肌老化や肌荒れの原因となるので日常的に防ぐように
しましょう。日焼け止めをこまめに塗ったり、日傘や帽子で紫
外線対策をしましょう。

日焼け止めも肌にやさしいノンケミカルのものがおすすめですよ。
スキンケアや紫外線対策で外側からのケアをすると同時に、毎
日の食事で内側からのケアも行っていきましょう。

私たちの身体や肌は食事から作られていますから、不足しがち
なミネラルやビタミンなども十分に摂れる食事内容を心がけて
下さいね。良質なたんぱく質も欠かせません。
肉や魚、卵や大豆製品もバランスよく食べましょう。

肌荒れを治すためには十分に睡眠をとることも大切ですね。
早寝早起きを習慣にして、朝起きたら朝日をたっぷり浴びると
良いでしょう。適度な運動を行えば血行や代謝がアップして、
同時にストレスも発散できるのでおすすめですよ。


スポンサーリンク



化粧水はあるの?

肌荒れを治すためには、毎日使う化粧品選びに注意したいですね。
洗顔後にすぐに使う化粧水には、肌荒れに効果的な美容成分が
含まれたものがおすすめですよ。シミやニキビ予防などさまざ
まな美肌効果が期待できるのがビタミンCです。

不安定なビタミンCを安定化させたビタミンC誘導体配合の化粧水
がおすすめですよ。またバリア機能が低下した肌の水分量を高め
るのに効果的な、ヒアルロン酸やセラミドが含まれた化粧水もお
すすめですよ。

有効成分が配合された化粧水で洗顔後にはしっかりと水分と栄養
補給をしましょう。手でパンパンとパッティングするのはおすす
めできません。化粧水を適量取ったら手のひら全体で顔全体を包
み込むようにやさしく馴染ませていきましょう。

化粧水がしっかりと肌に浸透していきますよ。また化粧水だけで
済ませないで、水分蒸発を防ぐための乳液やクリームもつけて下
さいね。肌荒れの原因は実にさまざまですが、治すためにはスキ
ンケアを正しく行うことが基本となります。


まとめ

栄養バランスの良い食事も心がけて睡眠も十分に取るなど、さま
ざまな角度からのアプローチが必要になりますね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑