端午の節句ちまきレシピ!簡単に美味しく作る方法?

公開日:  最終更新日:2018/02/26


端午の節句に欠かせないちまきを手作りしてみましょう。
誰でも失敗なしで簡単で美味しいちまきを囲んで、今年のお節
句を祝いませんか?


スポンサーリンク



ちまき作りの材料を準備しましょう

もち米から団子をこねて、笹林に出かけて包む笹の葉をとり農
家でイグサを分けてもらいようやく作る手作りちまきは、子ど
もの成長を願う親の愛がいっぱい感じられます。

スローライフは現代人の憧れですが実際はむつかしいもの、ま
してお子様がいらっしゃる家庭や都会ではますます大変です。
簡単においしく作れば、お子様やご家族と楽しく遊べる時間の
余裕がうまれ、みんな笑顔になれます。

ちまきの団子は腰の強い上新粉で作りますが、熱湯を使ってし
っかり練り上げないといけないので面倒という人は扱いやすい
白玉粉を使いましょう。
上新粉と白玉粉をブレンドした団子粉は団子を作る行程も簡単
で、上新粉団子に近い歯ごたえのちまきができます。

ちまきを包む笹の葉やイグサはデパートの乾物売り場や中華材
料店、製菓材料店で手に入りますが、インターネットショップ
で見つけるのが確実かもしれません。日保ちする材料なので事
前に上新粉などと一緒に注文しておけば手間がはぶけます。

笹の葉には食品の腐敗を防ぐ殺菌効果があるので保存食に用い
られ、お団子の風味もまします。笹の葉の代わりに折り紙や千
代紙でラッピングすると、可愛いお子様ちまきになります。
お団子を小さめにすると小さなお子様でも食べやすくなりますね。

先端を可愛いリボンや和風の紐で結わえて、残った紙で兜や鯉
のぼりを折ってデコレーションしてあげると大喜びでしょう。


思ったより簡単!本格ちまきとお子様ちまき

ちまきは地方によってそれぞれ特徴があるようですが、まず上
新粉と笹の葉を使ったスタンダードな作り方を紹介します。
4個分の材料として上新粉100グラムと白砂糖20グラムをよく混
ぜ合わせ、熱湯を少しずつ加えていきます。
熱湯の量は55ミリリットルが目安ですが、製品によって水分量
が違うので耳たぶ位の硬さになるように調整します。このプロ
セスに電子レンジを使うと口当たりの良い団子が簡単に作れます。

ぬるま湯を混ぜた生地を500ワットで1分間加熱した後、いった
ん取り出して全体を練り合わせ、もう一度3分間程度加熱します。
全体が透き通るような状態になっていますので、やけどに注意
しながら10回位練り上げていきます。

白玉粉は水分と混ぜ合わせる時にダマになる心配がないので、
分量の粉と水を混ぜ合わせ団子の生地が作れます。笹の葉大き
さによってお団子1個あたり2、3枚を使いますので、分量分を
きれいに洗って柔らかくなるまで熱湯で茹でて準備をしておきましょう。

縦に広げた笹の葉に生地をのせ、下の方からくるくると巻き上
げていきます。次にイグサで縛りますが、残った葉先は指で押
さえるか洗濯ばさみで挟むとしやすくなります。

笹の葉の下方に2回くらい巻き付け折り返してから先端に向か
って回していき、巻き上げの最後は結びます。縛りにくい時は
イグサを2本取りにするか、料理用タコ糸にすると上手くいきます。

仕上げに蒸し器で2、3分蒸しあげると香りの立った美味しいち
まきの出来上がりです。子どもちまきは、団子を熱湯に入れて
浮かんで来たら3分ほど茹でて仕上げましょう。
水分をペーパータオルなどで取ってからラップで包装します。


スポンサーリンク



端午の節句に作るごちそう粽レシピ

端午の節句をお祝いするちまきに因んで中華ちまき、和風ちま
き、洋風ちまきが定番というご家庭も増えているようです。
お祝い膳のメインにもなり、ボリュームたっぷりで育ちざかり
のお子様にもぴったりですし、ご年配の方にも箸がすすむ料理です。

中華ちまきですが、包皮は竹皮が定番ですが、笹の葉でも東南
アジア風でエスニックな雰囲気になり、小ぶりに作れるので手
をのばしやすくなります。

中華ちまきの具材は豚肉やチャーシュー、鶏肉、干し椎茸や干
し海老などを使い、旬のタケノコやウズラ卵、栗の甘露煮を入
れるとアクセントになります。

酒、醤油またはオイスターソース、中華スープ、お好みで八角
やネギ、ショウガ加えた合わせ調味料に材料を漬け込んでおき
ます。蒸したもち米に材料を合わせて竹の皮で包み、蒸し器で
30分ほど蒸しあげます。
もう一つの作り方は具材をフライパンで炒めたところにもち米
と同量の水、調味料を入れて水分がなくなるまで煮詰めたもの
を包む方法です。もち米を蒸す工程が省けて、仕上がりの味も
ほとんど変わりませんからお薦めです。

もっと簡単に中華ちまきを作りたい人は、もち米と具材、調味
料をすべて混ぜて炊飯器でおこわを作り、竹の皮が笹の葉に包
み蒸し器に5分くらい入れます。

この方法なら蒸し器がなくてもフライパンや鍋に蒸し皿の組み
合わせた簡易蒸し器で中華ちまきが作れます。上手に中華ちま
きを作るコツは隙間なくもち米を詰めること、ゴマ油を少量加
えると香ばしさが出てツヤもよくなります。

かつお節や昆布の出汁をたっぷり効かせた和風ちまき、フレッ
シュ海老や角切りチーズ、旬のえんどう豆をあしらった彩もき
れいな洋風ちまきなども端午のお節句料理にいかがでしょうか?


まとめ

ちょっと手ごわそうに思えるちまきですが、案外スムーズに作
れます。お子様と一緒に、またご両親様とコミュニケーション
をとりながら端午の節句を迎える準備は楽しい思い出になるで
しょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑